近々台湾旅行を控え、台湾中国語講座へ参加してきました。ワンデーの集中講義で6時間のレッスン。台湾で旅を楽しむことを目的としたレッスンでした。

昨年も2回ほど台湾行き、乗り物に乗る時、食事のオーダーや買い物をする時、結構戸惑ってできないことがたくさんありました。

今回レッスンを受けてみて、次回の台湾は色々と自信を持って行動できそうです。

レッスンは、中国語のイントネーション「四声」から始まって、母音や子音の発音、数字、食べ物、乗り物の読み方を習いました。そして、台湾旅行で確実に使うフレーズ BEST 5というのを先生が作ってくださって、「すみません」「これください」「~~したい」と言ったフレーズを練習しました。

自分の名前の中国語での発音の仕方も習ったので、まずは、挨拶と自己紹介くらいはできそうです。

中国語は、文法の構造がとてもシンプルなので、英語の学習経験がある日本人であれば、ここはあまり大きな問題にはならないような気がします。

難しいのは発音です。日本語には存在しない音があって、なかなか出てきません。特に難しいと感じているのは、ピンインで表記される、母音のeと、子音のrの発音。私は、大学院で音声学音韻論の論文を書いたので、理論はいろいろと英語や日本語と共通することも多く、頭で理解できることはたくさんありますが、音は簡単には出てこないです。発音はスポーツと同じく、トレーニングあるのみなので、ここは先生についてしっかり勉強したいと思っています。

ある程度基本を学べば、あとはGoogle 翻訳アプリを使うことで、個人手配の自由旅行も、困ることはなさそうです。こうしたツールの存在や使い方などは、独学ではなかなか情報をつかめないので、講座に参加して、良い先生や学習仲間との出会いはとても貴重な時間でした。

ほんの一週間ですけど、独学で予習をしていて、できないところ、わからないところがある程度分かっていましたから、それらを質問することで、疑問や不安を解消できました。やはり対面講座は、先生から直接フィードバックがいただけるのが何よりの魅力。予習をしておくことで、効果的に時間を使うことができます。

次回の台湾旅行では、少しでも多くの台湾語を使ってみて、現地の方々とコミュニケーションを取ってきたいと思います。

【学びのまとめ】

●数字のピンインと四声

零 ling (二声)

一 yi (一声)

二 er (四声) 兩個 liang ge (三声)

三 san (一声)

四 si (一声)

五 wu (三声)

六 liu (四声)

七 qi (一声)

八 ba (一声)

九 jiu (三声)

十 shi (三声)

百 bai (三声)

● 台湾にいったら必ず使うフレーズ ベスト5

すみません 不好意思  bu hao yi su 4341

これ下さい 我要這個  wo yao zhe ge 344

~~ありますか? 有没有~~ you mei you ~~~ 323

~~ はどこにありますか? ~~在哪裡 ? zai na li 42

ex.トイレはどこにありますか? 洗手间在哪里? xi shou jian zai na li 23142

~が欲しい、~したい 我要~ wo yao ~ 34

●地名

嘉義 jia yi 14

阿里山 a li shan 131

奮起湖 fen gi hu 432

石棹 shi zhao 24

桃園 tao yuan 22

台湾 tai wan 21

日本 ri ben  43

站 Zhàn

ex 私は嘉義に行きたい 我要去嘉義 wo yao qu jia yi 34414

去のquはチュー。息を出しながら、唇を丸める 第四声

●食べ物

便當 bian dang 41

小籠湯包 xiao long tang bao 3211

牛肉湯 niu rou tang 241

打包 da bao 31 持ち帰り

雞肉飯 ji rou fan 144

滷肉飯 lu rou fan 344

海鮮 hai xian 31

麵包 mian bao 41

套餐 tao can 41 定食

韭菜碼頭 Jiǔcài mǎtóu

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/