ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

先日、「Time Quest~心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント」を読んだ後、良い刺激を受けて、自分の価値観の憲法を作りました。

この本で最も響いた言葉は、「自己実現、つまり、『心の安らぎ』とは、私たちが行うことと、私たちが最も価値を置くものとを一致させることの結果」であるということ。

人生、迷っている時間というのは、意外と長い。そして、自分にとって重要なことがわかっていない時は、「時間がない」、「忙しい」と言いながら、意外と無駄なことに時間をつかっていたりします。

この本を読んだ後に、自分の価値観を明確化し、優先順位をつけた自分の憲法をつくったことで、様々な選択を、簡単に素早くできるようになりました。

重要な決断する際に迷わないツールを手に入れることで、これまでの自分には到底できなかった量のタスクがこなせるようになり、時間の圧縮現象がおきていきます。

ビジネスモデルの設計では、やらないことを決めることが何よりも重要ですが、その際、価値観の優先順位が決まっていると、やらないことを決めるのに、迷いがありません。

また、理想的な一日のスケジュールを作る際も、これまでは、やらなくてはいけないことで自分の時間を埋めていて、結局できずじまいでしたが、価値観やその優先順位が明確だと、この一日のスケジューリングにも大きな変化が出てきます。

スケジュール帳に最初に書き込むのは、「やらなければいけないこと」ではなく、「やりたいこと」。価値観にあった行動がきちんととれるよう、緊急でない重要なスケジュールから、手帳に書き込んでいきます。

「緊急で重要なこと」は、いちいち書かなくても、やるざるおえないので、手帳に書き込むのは、最後。「緊急でない重要なこと」に時間を使えるようになると、価値観を大切にした日々を送ることができ、心が穏やかになり、なぜか忙しくなくなり、仕事は順調にこなせている。そんな生活が日常になってきました。

ロンジェ琉球風水アカデミーの風水空間プロデュース実践会でも、この価値観の明確を非常に大事にしています。実践会のプロジェクトをスタートする前に、個別コンサルティングを行い、丁寧にそれぞれの価値観を明確化していきます。その後、オーダーメイドカリキュラムを作成し、実践していきました。

その結果、「何年にもわたり、今までできなかったことができるようになった」という報告が入ってきました。それは、単なるタスクリストの羅列や、効率化のための時間管理ではなく、『価値観に沿ったタイムマネジメントが、その人の人生で最も重要であるからだ』ということが、理由だと思います。

自分の価値観を明確化し、優先順位をつけた憲法をつくったことで、「心のやすらぎ」、つまり、私にとっての「幸福感」がどこにあるのかが、自分で理解できるようになりました。人生をデザインするときは、必要なツールです。
私の価値観の憲法をご紹介します。

●横川明子の憲法
1)家族:家族の心と声に耳を傾け、お互いの想いを伝えあい、彼らの夢を叶えるためのあらゆるサポートをする
2)冒険:自分の魂の声に正直に生き、安定領域の中に納まらず、変化を楽しむ人生を送る
3)知的成長:自らが学びと成長を楽しみ、その知恵を他者にも分け与え、他者の知的成長をサポートする
4)質の高い生活:衣食住において、良質な氣(電子)の質にこだわり、自然と調和した、清浄で、美しく、健康な人生を送る
5)時間:重要領域だけで生きることができるよう、全体を俯瞰して、計画し、目標達成するために、時間を有効に使う
6)慈愛:他者の声に耳を傾け、他者の理解につとめ、誰とでも平等に接し、慈しみの愛を与える
7)経済的自立:自分のやりたいことができ、楽しむ余裕があり、社会貢献ができるレベルの経済的に自由な人生を送る
8)社会貢献:自身の才能を生かした創造的なアイデアでリーダーシップをとり、美しい地球を次世代へつなぐ
9)内省:自慢、傲慢を戒め、謙虚な姿勢でもの事に取り組むことができるよう、振り返りと改善を繰り返す

人生設計に真剣に取り組んでいる方は、自分の価値観を明確にすることを、大切にされてくださいね。

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント(Amazon)

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/