ロンジェ琉球風水アカデミー
学長の横川明子です。

”ひらめきには、4つの段階があり、
そのステップを踏むことで、
最高のアイデアがひらめくのです。”

「アウトプット大全」(樺沢紫苑著)より引用

集中とリラックスのメリハリの中に、
ひらめきが生まれます。

ひらめきに必要な4つのプロセス

アウトプット大全では、
”政治学者ウィリアム・ウォーラスが提唱する
「問題解決の4つのプロセス」が、
そのまま、「ひらめきを得る」プロセスとして活用できます。”
と説明しています。

第一段階:準備
たくさんの本や資料を読む、ノートに何かを書き出す、ブレストする、議論するなど、
直面している課題について、徹底的に格闘する

第二段階:孵化(インキュベーション)
課題と格闘後に、放置する。休息、ぼーっとする。

第三段階:ひらめく
数時間、あるいは数日間経ったのち、
ある瞬間に、突然「ひらめく」

第四段階:理論的、実践的に「検証」
ひらめきが本当に正しいか、検証する

第二段階の「孵化」の状態とは、
脳が、意識的な活動をしていない時とのことで、
デフォルトモードネットワークと呼びます。
車で言うと、信号待ちのアイドリング状態。

この時に、「ひらめき」は生まれるそうです。

デフォルト・モード・ネットワークでひらめくために

最近の研究では、脳の活動は、
意識的な作業に5%、
脳細胞の維持、修復に20%
意識的な活動をしていないときに75%
のエネルギーが使われているそうです。

つまり、脳の活動は、
デフォルト・モード・ネットワークの状態が75%です。

デフォルト・モード・ネットワークの状態は、
ひらめきを促すと同時に、
エネルギーの消費量が多いため、
脳疲労を起こす原因にもなるそうです。

デフォルト・モード・ネットワークについては、
まだ未知なことも多いようで、
本を読んだり、ネットで情報を集めていると、
まだまだ未開の分野であることを感じます。

リサーチしながら感じているのは、
このデフォルト・モード・ネットワークの状態の時、
ポジティブな感情か、
ネガティブ感情でいるかが、
人生の大きな分かれ目となりそうです。

つまり、ぼーっとしている時というのは
無意識の状態なので、
その人の在り方、考え方により、
浮かび上がってくる雑念やアイデアが決まります。

そこに、75%の脳のエネルギーが使われていることに
なりますよね。

ネガティブな感情であれば、
不安や悩み、後悔の念、などで埋め尽くされ
精神的な病へと発展します。

しかし、ポジティブな感情であれば、
つまり、常に「どうやったら、できるのか」
最高の未来をイメージする習慣がついていれば、
創造性の高いアイデアが生まれるように感じます。

「ひらめく」とは、直感を得る前段階の
「知恵力」=「右脳と左脳の共同作業が上手く行く機能している」
状態とも考えられます。

脳疲労の回復にマインドフルネス

最近の研究では、デフォルト・モード・ネットワークによる
脳疲労の回復に、マインドフルネスが有効と言われています。

”マインドフルネスとは、
緊張でもリラックスでもない第三の心的状態であり、
瞑想によってデフォルト・モード・ネットワークの
過剰なアイドリングを鎮めていくことが重要であると
言われています。”【参考サイト:脳科学メディア

私の仮説ですが、
「ひらめき」とは、デフォルトモードネットワーク状態で、
左脳と右脳の共同作業が上手く機能した時に生まれ、
「直感」とは、緊張でもリラックスでもない第三の心的状態で
宇宙意識(集合意識)にアクセスした時に受け取るものなのかなと
感じています。

そして、段階としては、
まず、左脳と右脳の共同作業が上手く機能することがファーストステップで、
直感は、その次のステージでおきることだと思います。

「直感力を磨くために、
『環境、身体、心、思考、魂』5つの全てレベルを次元上昇させる」
をテーマにリサーチを行っていますが、
新しい世界がどんどん広がってきています。

あなたの家の琉球風水がセルフチェックできる 

『琉球風水セルフチェックシート』期間限定プレゼント中!

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/