ロンジェ風水アカデミー、学長の東道里璃です。

今回は、個別運勢方位鑑定図面作成に取り組まれた受講生からのご質問への回答を、シェアしたいと思います。

Q.家族それぞれの吉方位が違う場合、個別運勢方位はどういかしていけば良いのでしょうか?

A.一家の主人の方位を優先するのが基本です。考え方としては、凶方位は意識せず、吉方位を生かすことにフォーカスします。


風水空間デザイン™️の設計・デザインの大きな特徴は、方位よりも氣の流れを重視することです。土地を選ぶとき、間取りや家具の配置を考えるときの優先順位は氣の流れのほうが高いですが、同時に、個別の運勢方位も合わせられると理想的です。

個別運勢方位鑑定は、ご夫婦、ご家族で吉方位が違う場合があるので使い方、伝え方が大切です。まず、私がクライアントにお話する場合は、凶方位があることは知らせず、吉方位だけをお知らせします。凶方位は意識せず、吉方位をいかに生かすかにフォーカスすることがポイントです。

全体運を司る玄関は、一家の主人の吉方位に合っているのが理想的です。しかし、リビング・ダイニングは家族みんなで使うので、私はあまり個別運勢方位を気にしません。ダイニングの座る位置を決める時に参考にする程度です。

ダイニングの席について、これまでの受講生から、かわいらしいお話を伺いました。その受講生はお子さんが5人いらっしゃって、ダイニングで子どもたちに人気の席があったそう。人気の理由は、吉方位でした。お子さんたちは無意識に居心地の良さを感じ取り、席の取り合いになっていたようです。

◆ハッピーな情報として受け取っていただく

寝室のベッドの場合は、まず部屋の方位で吉方位をみて、次に枕の向きで吉の方角をみます。ベッドや部屋の配置は氣の流れの鑑定法を優先し、その上で個人の吉方位をみます。

ご夫婦で吉方位が異なるクライアントにご説明する場合は、例えば「部屋はご主人の吉方位、奥様にとっては枕の向きが吉方位です」というように、ご夫婦それぞれの吉方位に入っていることをお伝えし、運氣が上がるHappyな情報として受け取っていただくようにしています。

個別運勢方位で家族の誰かを優先するとしたら、経済的な主人の吉方位を優先します。ただ、風水を氣にされているのは奥様のほうが多いので、奥様にとっても何かしら良い情報をお伝えするといいですね。

机の場合、お部屋の方位はご夫婦どちらかの吉方位になると思いますが、椅子の向きで、それぞれの吉方位になるようにレイアウトできるといいですね。

◆優先すべきは氣の流れ

風水空間デザイン™️の考え方は、良い意味を持っているもの、長所を伸ばすイメージで使います。同じ家の方位でも、鑑定法の違いで吉になったり凶になったりします。その時は、良い意味にフォーカスして、その運氣を伸ばすようにインテリアを整えていきましょう。

個別運勢方位は、氣の流れを崩さない範囲で使うのが基本です。個別運勢方位を氣の流れより優先すると住み心地の悪い家になりますので、くれぐれも風水鑑定法の優先順位を間違えないように気をつけてください。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。