ロンジェ琉球風水アカデミー
学長の横川明子です。

最近の研究によると、自分を変えることができるのは、7人に1人。
つまり、85%の人が、自分を変えることができない。

変わるために必要な3つの要素とは、

1)心の底(変革を起こすやる気の源)
2)頭脳とハート(思考と感情の両面に働きかける)
3)手(思考と行動を同時に変える)

であると書かれています。

【「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン著)より】

風水スクールを9年にわたり運営していますが、
受講生に風水を学ぶ目的をお聞きすると
ほぼ100%の方が、「人生を変えたい」と答えられます。

このご要望にお応えできるよう、
風水のテクニックだけではなく
様々な要素を組み入れて、
カリキュラムを作ってきました。

今日は、「なぜ人と組織は変われないのか」に書かれていた
「変わるために必要な3つの要素」を、
ロンジェがどういう形でカリキュラムに落とし込んできたか。

その事例をご紹介するとともに、
さらに人生を変える精度を
高める方法を考えたいと思います。

心の底(変革を起こすやる気の源)

本の中では、“自分が設定した目標と、現状を見つめ、
自分の抱えている深いギャップを実感すると
変革への強い意欲を感じる“と書かれています。

ロンジェでは、「どんな家に住みたいか」
「どんな感情で過ごしたいか」という目標を
最初に書き出してもらいます。

同時に、「現在の空間で困っていること」
「習慣化したいけど、なかなかできないこと」を
書き出してもらいます。

ここで、現状の課題と目標が明確になり、
自分が抱えている課題を認識します。

頭脳とハート(思考と感情の両方に働きかける)

本には、“「どう知っているか」を変えない限り、
「どう感じるか」を変えられない“と
書かれています。

脳は、自分の見たい風景しか見ることはできませんから、
思考により、見える風景が決まり
見える風景から、何かを感じ取ります。

つまり、感じ方を変えたいなら、
新しい知識を得ることが不可欠です。

ロンジェでは、風水理論を学んでから、
自宅と向き合い、空間に対して心の耳を傾けてもらいます。

すると、今まで住んでいた家、
当たり前に行っていた家事にも、
見える風景が変わり、
感じ方が変わります。

これまで見えなかった世界が、
思考と感情の両面で、安全だと感じると、
自信を育み、希望を感じ、
変革をやり通す意欲が高まるそうです。

手(思考と行動を同時に変える)

本には“行動パターンを増やすことの恩恵を味わい
変革という目標に向けて前進することで味わえる興奮と達成感は
成長の手ごたえを知る機会になる“

“行動なき内省は、内省なき行動と
同じくらい非生産的である“と書かれています。

ロンジェでは、一枚のシートに、
目標と課題、そして、タスクリストを書き、
行動計画を立てます。

そして、期限を決めて、
実践報告、振り返り、
次回のアクションプランを書いて
提出してもらいます。

ロンジェの風水講座の1回のカリキュラム内容を
まとめると以下のサイクルになります。

  1. 知識のインプット
  2. 目標設定
  3. 内観による課題の明確化
  4. 行動計画
  5. 実践
  6. 実践報告
  7. 振返り(内観)
  8. 次回の行動計画

以上の8項目をワンセットとして、
2週間ごとに、このサイクルを回してもらいます。

そして、ワンセットのサイクルを終えるごとに、
グループコンサルティングを行い、
つまずいたこと、上手くいかなかったこと、
わからなかったことに対して、
私がフィードバックしています。

受講生の皆さまから提出された課題の内容を見ていると
とても充実した時間を過ごしていることが伝わってくるのですが、
人が変わるための要素が
カリキュラムの中に納まっていることが
確認できました。

しかし、課題もあります。
それは、習慣化に落とし込むことです。

本にも書かれていますが、変革には時間がどうしても必要で、
習慣化にも時間が必要です。

そのためには、もっと深いレベルでの内観と
人生の真の目的設定により、
学びと実践を継続できる環境づくりが、
鍵を握っていると感じています。

ロンジェの講座が、一般的な風水のノウハウの伝授ではなく、
科学的視点、感性的な価値に対しても重視しているのは、
琉球王朝時代の先人の叡智を、
今を生きる私たちの人生に生かし、
次世代につなぎたいという想いがあるからです。

琉球風水の特長と考え方については、
新聞記事を、是非お読みください。

沖縄タイムス副読紙 タイムス住宅新聞
月間連載コラム『琉球風水で心地よい家づくり』より
第1回「琉球風水の歴史と特徴」

ロンジェの琉球風水は、
幸運体質をつくる習慣の仕組み作りと
風水の良い環境をつくるための実践法を組み合わせ、
あなたの人生を、追い風にのせるためのサポートをしています。

あなたの家の琉球風水がセルフチェックできる 

『琉球風水セルフチェックシート』期間限定プレゼント中!

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/