ロンジェ風水アカデミー、学長の東道里璃です。 

髪の毛のお手入れに、どんなものを使っていますでしょうか? 私はかなり敏感で、合成香料や化学薬品の入ったものを使うと気分が悪くなってしまうので、シャンプーや染色剤、トリートメントなど、皮膚から吸収するものは天然由来のものだけを選んで使っています。

ヘナというのは植物を粉末にしたもので、100%天然由来のヘアカラーでありトリートメント。もう10年ほど愛用していますが、非常に癒しの効果が高いんです。ヘナは爪や髪などを染めるために古来から使われてきたもので、頭皮に2時間ぐらい、ずっとつけっぱなしにしておくんです。その成分が体内に吸収されていくからだと思うのですが、いわゆる副交感神経を刺激してくれるようなリラックス効果があって、髪につけている間もすごく気持ちがいいのですが、その夜、ぐっすりと眠ることができます。

私はよくトレッキングに行って、一日中、山を歩いたり、海に入って泳いだりするのですが、そういう大自然の中で一日体を動かして、疲れた体で眠る時はすごく幸せです。ヘナは、それに近いぐらいのリラックス効果を得ることができると感じています。

ヘナの使い方は、粉末をお湯で溶かして、それを根元を中心に髪に塗っていくのですが、準備から塗り終わるまで1時間ぐらい使ってたっぷりとヘナを染み込ませたら、2時間から3時間ほどそのまま放置して、洗い流すという流れです。自宅でやると、美容院に行って帰ってくるぐらいの時間でできてしまうので、時間の短縮にもつながっていいなと思っています。

◆皮膚から入れる物は、食べ物以上にこだわって

頭皮に入れるものには、こだわった方がいい理由があります。出産でよく聞く話として、赤ちゃんが生まれた時に、羊水からシャンプーの合成香料の香りがするという話があります。これはどういうことかというと、実は、化粧品やシャンプーなど、私たちの皮膚から入っていく成分は、簡単に排出されないという特徴があって、体の中に蓄積されてしまうのです。

食べ物や飲み物は、通常の排泄で体の外に出していくことができるのですが、皮膚から入れた物は、低温サウナや岩盤浴のように、ゆっくりと汗を出していってあげるようなちょっと特殊な形でないと排出できないんです。ですから、皮膚から入れる物は食べ物よりあまり気を使わないという方も多いと思うのですが、食べ物と同じぐらい、もしくはそれ以上にこだわった方がいいと思っています。

私は、ヘナを溶く時もお水の質にもこだわっていて、先日、トレッキングに行った時に山でくんできたお水を沸かして使いました。昨日はフランキンセンスを入れたのですが、アロマオイルなどエネルギーの高いものを混ぜ込んで、自分へのご褒美を兼ねて2週間に1回ぐらいのペースでヘナを入れています。

ヘナを使い始めた10年ほど前はほとんど情報がなくて、ヘナを選ぶのも、入れるのも大変でしたし、効果もなかなか感じることができませんでした。でもあるとき、アーユルヴェーダの専門家の方にお会いして、ヘナを入れて頂いたらすごく気持ちよくて、その夜、よく眠れたんです。その時に、ヘナにも品質の差がすごく合って、オーガニックの質の高いものを使うと、抜群のリラックス効果があることを知りました。

ヘナで重要なのは、良いヘナを選ぶということ。今、私が使っているのは IPM ヘナトリートメントというもの。「I」はイタリアのI、 「P」 はパリのP、「M」はメキシコのMで、株式会社 IPM という企業が出しているヘナトリートメントで、Amazonなど、ネットショップで気軽に買うことができます。すごくクオリティーが高いので、本当に気持ちの良い時間を過ごすことができます。

新しいことを初めてする時っていろいろとハードルが高いと思うのですが、だんだん慣れてくると生活の一部になり、簡単にできるようになっていきます。ちょっとヘアケアの方法を変えたいな〜と思っていた方は、天然由来のヘナを選択肢に加えていただけると良いかなと思います 。

自分の体内の氣の流れをよくしていくと、人は環境との調和を望むので、体が整ってくると、環境の氣の流れを整えたくなります。その時は、風水空間デザインがお役に立てます。まずは、ご自身の体内の氣の流れから整えていきましょう。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。