沖縄タイムス副読紙、ほーむぷらざにて、フロント3面記事で取材していただきました。沖縄で輝く女性を、表紙で取り上げる彩職賢美というコーナーです。25年近く続いているという歴史のあるコーナーに、載せていただきました。

首里城内での取材は、多分初めてということで、大変光栄です。今は、正殿のない首里城ではありますが、こちらは有料区域の入口、奉神門の前でフロントページの撮影が行われました。先月は、首里城復興への想いを込めた初の出版があり、そして、首里城復興木曳式応援事業として首里城風水ツアーを行い、1日おきに首里城に通っておりました。愛する首里城での取材では、首里城への想いをたっぶり語っております。

これまでの10年は、住宅の設計に特化して琉球風水をお伝えしてきたのですが、これからの10年はSDGsとウェルネスという社会的課題とリンクさせ、本来の自分を取り戻すための生き方として、琉球風水をお伝えしてきたいと思っています。というのも、著書「風水空間デザインの教科書」を書き終えたことで、住宅に関する琉球風水研究が一区切りできました。自分が知りたかったし、そして、相談もされるので、何を質問されても答えられるように全回答を書籍に書きました。ここで一旦、住宅研究は卒業します。

次のステージは、SDGsを達成するウェルネスライフとしての琉球風水をお伝えしていきたいと思っています。風水というと家という物質的な風水に意識が行き、風水の良い家という物質だけを手に入れようと思われる方が多いです。しかし、首里城、風水集落、琉球民家は、自然と調和する精神文化を体現したものです。精神文化が引き継がれぬまま、形だけ手に入れてもその価値は理解できません。精神文化を引き継ぎ、その心のあり方と共に風水建築をご体感いただければと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ライターは、私の著書、風水空間デザインの教科書の編集協力として参加してくださった、 比嘉千賀子 さんです。素晴らしい内容に取材力に感謝です。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。