ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の東道里璃です。

首里城の火災から1年が経ちました。
2019年10月31日早朝。いつものように、近くのビーチでアーシングしている時に、友人から連絡が入り、「首里城が燃えていると、、、」
スマホの画面の中に、燃えている首里城の写真を見て、そのまま泣き崩れました。

「首里城のために、何かできないだろうか。」
そんな想いを持ち続けていたら、沖縄タイムス様から、とてもありがたい機会をいただきました。

首里城の復興を願う特別企画として、見開き2面の特大サイズで、首里城の風水をお届けします。

2020年10月31日、本日の沖縄タイムスは、首里城復興を願う想いが詰まった別刷り特集に加え、朝刊を包んで郵送できる「おくる沖縄タイムス」ラッピング紙面により、新聞が包まれています。このラッピング紙面を開いたところに、首里城の風水特集が掲載されています。

首里城で琉球風水を体感する4つのコース

正殿がなくなってしまい、「首里城に行っても見るところがない」と思わている方も多いかもしれませんが、それは間違いです。

首里城を取り囲む風水景観を、まるごと楽しんでいただけるよう、琉球風水を体感できるルートをご紹介しています。

首里城公園内は「球陽コース」と「水巡りコース」。そして、首里城の風水景観をまるごと堪能する「青龍コース」と「白虎コース」を紹介しています。

龍身を歩こう「球陽コース」

「球陽コース」は、琉球王府の歴史書「球陽」の第十巻に記録されている、首里城の風水鑑定報告書の中で、現在の首里城公園内で見ることができる場所を巡ります。この首里城の風水の記録は、300年ほど前、第13代尚敬王の国師で、風水師でもあった蔡温によって書かれたものです。

守礼門から首里城正殿に向かうクネクネのルートは、意図的に計算されて作られたもの。その氣の流れのラインは、龍身をイメージできることでしょう。

このコースのラストは、東のアザナ。蔡温が見たであろう、360度に広がる風水景観をご覧いただけます。是非、ここから、首里城の四神を探してみてください。

財運はおまじないではなく、構造で手に入れる「水巡りコース」

「水巡りコース」は、琉球風水師ならではの、超マニアックなルートです。

普通に首里城を訪れた方々は、ほとんど素通りしてしまような場所ですが、風水哲学から、自然界の原理原則にアプローチする思考習慣が身に付くと、その本質的な構造に、身震いするほどの感動を覚えるルートです。

「水巡りコース」のスタート地点は、寒水川樋水(スンガーヒージャー)という、首里城の湧水スポット。歓会門と瑞泉門の間にある「龍樋」は、ご存知の方も多いと思いますが、首里城には、もう一つ、湧水の出る場所があります。

「龍樋」は、冊封使により詩に読まれるほどの美水だったそうですが、寒水川樋水は、飲み水というより、洗い物などをするための生活用水として使われていたようです。排水のルートが美しく設計されていて、こちらも球陽コースの門と同じく、クネクネと龍身を思わせる様なラインを描き、水が流れていきます。

「風水」や「パワースポット」という言葉を聞くと、置物をおいたり、その場にいくだけで運気アップするおまじないように思っている方も多いかもしれません。

しかし、残念ながら、運とは器の質と大きさに応じて入ってくるものです。どれだけの良い運気を受け取れるかどうかは、あなたの「器」次第です。

この「水巡りコース」を歩いて、自然界の水の流れる本質と構造を解読できれば、あなたの財運は、確実にアップします。なんとなく財運が良くなった気分になることが目的ではなく、より良い人生の仕組みとして、「財運の器」を作りたい方におすすめのルートです。

龍の背中を歩こう「青龍コース」

首里城の左手を守る青龍の近い位置に、崎山御嶽と雨乞御嶽があります。ここは、首里城から歩いていけるルートですので、是非、首里城から足を伸ばして、歩いてみてください。

雨乞御嶽の近くには、展望台があり、首里八景の美しい風景と、首里城の青龍、小禄・豊見城の丘陵が良く見えます。そして、雨乞御嶽と崎山御嶽をつなぐ小道は、山の稜線を歩くルートです。

短いルートですが、ここを初めて歩いた時、「龍の背中を歩いているみたい」と、直感的に思った場所でした。

そして、首里城に関する学術文献を調べている時、中国から訪れた冊封使がこの付近を「中山龍脈」と記録してあるという記述がありました。

中国から来た冊封使たちも、琉球に来て、滞在している時に、首里城の風水をしっかりチェックしているんだなと、嬉しくなりましたね。

首里城の風水を最高にサポートした要の地「白虎コース」

首里赤平にある、現在の虎瀬公園となっている場所が、首里城の右腕となる白虎、虎頭山です。こちらも、首里八景に一つである景勝地で、王府の別邸もありました。その美しい松林と月をみて、詩が読まれた場所です。

この近くに、蔡温が王から賜った家があったそうです。冊封使が詩に読んだほどの、自然美に囲まれた、美しいお屋敷だったそうです。現在は、虎瀬公園の前に、カフェとレストランがあります。ここで、お食事をしたことがありますが、店内からは東シナ会と、首里城を望み、絶景のビュースポットです。

是非、お散歩の途中で、カフェやレストランに立ち寄り、蔡温の見たであろう風景をお楽しみください。

ここは、少しわかりにくい場所ですので、迷わないように、しっかり地図を見て歩いてくださいね。

ラッピング紙面で包んで、限定30名様にプレゼント

本日(2020年10月31日)の首里城特別号は、ラッピング紙面により沖縄タイムス紙面が包まれており、別刷で8面に渡り首里城の特集記事が掲載されています。

県外の方へ郵送できる仕様になっているので、沖縄県内の方は、是非、県外の方へ首里城復興の想いを込めて、プレゼントしていただければと思います。ラッピングの方法は、沖縄タイムスの紙面をご覧くださいね。

そして、ロンジェのHPをご覧いただいた方へ、東道里璃から、スペシャルプレゼントです。沖縄タイムスの首里城特別号を、ラッピング紙面に包んで、あなたにお送りさせていただきます。

ご希望の方は、こちらのメールフォームより、郵送先のご住所をご記入の上、ご応募ください。限定で30名の方に、プレゼントさせていただきます。結果は、商品の発送をもって、かえさせていただきます。お申し込み締め切りは、2020年11月14日まで。

沖縄タイムスの首里城特別号のスペシャルプレゼントのご応募はこちら

なお、お申し込み時にご記入いただいた個人情報は、プレゼントの発送のみに、利用させていただきます。

新聞記事のPDFファイルはこちらです

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/