はじめまして。ロンジェ®琉球風水アカデミー学長の東道里璃(とうどうりり)です。私は、建築・インテリアの資格も実務経験もなく、琉球風水師・風水空間プロデューサーとしてスタートしました。でも、なぜそんなことが可能だったのでしょうか?

それは、琉球風水を学び、自然界の原理原則に従って、空間をデザインする方法を身につけたからです。一方で、琉球風水を学び、デザイン性の高い空間づくりの実践を通し、東洋哲学を少しずつ身につけることができました。

ここでご紹介する「風水空間デザイン®」とは、琉球王朝時代から伝わる琉球風水の考え方をベースにした空間デザイン術です。琉球風水は「建築・インテリア設計に強い」という特徴を持っています。風水空間デザイン®は、ロンジェ®琉球風水アカデミーのオリジナルなデザインスタイルです。

まずは、風水空間デザイン®の3つの特徴をご紹介しましょう。

Point① 「風水」と「美しいデザイン性」の両立

「風水にこだわるとデザインがチグハグになりそう…」

「風水は制約が多くて大変じゃないですか?」

 このようなご意見をよくいただきます。私の風水のイメージも同じでした。「美しさを犠牲にするくらないなら、風水はなくてもいい」そう思っていました。TVや雑誌で「開運」と大きく書かれていても、風水には全く興味がわきませんでした。 

 しかし、風水を学問的に学んでみると、とても深くて哲学的な世界で夢中になりました。そして、風水は本質的な考え方であり、インテリアのデザイン性は、風水師のデザインセンス次第であることに気づきました。

 風水を学び続けたい一心で私が心に決めたのは、風水を取り入れてもデザイン性を犠牲にしないことです。むしろ、風水が入ることで、美しさに豊かさがプラスされることを目指しました。この思いから生まれたのが、風水空間デザイン®です。

Point② 東洋哲学の実践で「人間力」が上がる

 風水の考え方は、東洋哲学をベースにしています。人間は自然の一部なので、自然界に起きることは、人間にも同じように起きるという考え方があります。同様に、建物にも同じ原理原則が働きます。

 風水術のノウハウを本に書いてある通りにやってはみたが、効果がなかったという方も多いのではないでしょうか。風水を人生に取り入れる最大のポイントは、基本となる東洋哲学を学び、それをライフスタイルの中で実践していくことです。

 しっかりと琉球風水の基礎を学べば、本に書かれているノウハウなど必要ありません。受験勉強のような暗記では、実践で通用しないのが風水です。東洋哲学が身につけば、人生で直面する様々な課題に対し、いくらでも無限に方法論を生み出せるようになります。これが、人生をより良い方向へ導く「知恵」となります。

Point③ 「風水」と「建築的な考え方」の両立

 風水はいつのまにか占い的なイメージが強くなり、「風水にこだわると、生活動線を犠牲にして間取りがへんてこりんになりそう…」と思われている方がとても多いです。

 でも、ご心配なく。風水空間デザイン®では、数ある風水鑑定法の中から、建築・インテリア設計にマイナスの影響を与える鑑定法を除外しました。もう少し正確にいうと、風水鑑定結果を建築・インテリア設計にプラスに働きかける「使い方」にこだわっています。現代の建築・インテリアの技術を、今よりも進化させることができる方法だけを抽出して集めました。

 「建築士に『風水を入れて欲しい』ってリクエストしても大丈夫かな」と不安に思っている施主様もご安心下さい。ロンジェ®では、建築・インテリア設計の考え方と相性の良い風水術だけを抽出しています。建築的な考え方とぶつかることなく、設計を進め、家を建てることができます。

 実践を繰り返して感覚を身につけていくプロセスが重要なため、風水は独学では限界があります。そこで、風水空間デザイン®のプロセスを細分化して、段階的ステップに落とし込み、自動車の教習所のように、一つ一つのステップをクリアすれば、風水判断ができるカリキュラムを作り上げることに成功しました。これが、ロンジェ®の「風水空間デザイナー®養成スクール」のカリキュラムです。

沖縄県建築士会・建築士事務所協会
『建築設計と琉球風水』

第32回沖縄県トータルリビングショウ
『心が美しく健康になる!琉球風水の空間プロデュース術』

一級建築士事務所ARG社 第7回建築セミナー
『新築住宅に琉球風水を取り入れる3ステップ』

インテリア産業協会沖縄支部
『琉球風水の現代インテリア活用法』

沖縄県建築士会・建築士事務所協会
『建築設計と琉球風水』

第32回沖縄県トータルリビングショウ
『心が美しく健康になる!琉球風水の空間プロデュース術』

一級建築士事務所ARG社 第7回建築セミナー
『新築住宅に琉球風水を取り入れる3ステップ』

あなたも琉球風水の実践者に

 一流建築士とコラボレーションし、新築住宅をトータル風水デザインする日本で唯一の琉球風水師・東道里璃が、琉球風水の歴史と哲学から、現代住宅への応用までを体系的にまとめ理論と実践を重視した内容が定評です。建築・インテリア業界で活躍する人材も輩出し、沖縄だけでなく全国から学びを深めに受講生が集まっています。

 ベーシックコース(琉球風水プラクティショナー2級認定講座)では、風水を基礎から学びます。ご自宅の風水で問題があるところを見つけ出すことができます。これから新築される方は、風水の良い間取りを自分で選ぶことができるようになります。新築で建売住宅やマンションをご購入予定の方、注文住宅でこれから建築家を選ぶ方にとっては、自信をもって間取りを選べることで、安心して家づくりに取り組むことができます。ベーシックコースを修了すると、ロンジェ琉球風水アカデミーの「琉球風水プラクティショナー2級」に認定されます。

 アドバンスコース(琉球風水プラクティショナー1級認定講座)では、ご自宅の本格的な琉球風水鑑定を行います。現在のご自宅の何をどう改善すればいいのか、深いレベルまで風水を看ることができます。新築・リフォームをする際は、氣の流れがよく美しい空間づくりの要望を明確に出すことができるようになります。知識を学ぶことに加え、楽しみながら♪パワースポットの最高の氣に触れますので、良い氣を身体感覚で理解することができます。修了後は、「琉球風水プラクティショナー1級」に認定されます。

 では、、ベーシックコースとアドバンスコースの内容を見てみましょう、、、

「賢者は歴史に学ぶ」真実を探求する歴史散策を楽しむ

首里城の京の内【那覇市】

(きょうのうち)

中村家住宅【北中城村】

(なかむらけじゅうたく)

大石林山の安須森御嶽【国頭村】

(あすむいうたき)

琉球風水で”人生の変わる旅”に出よう

 アドバンスコースは、沖縄県外からの飛行機通学に配慮して、スケジュールを組んでいます。ロンジェ®の事務局で空港から各会場へのアクセス方法をまとめた資料を準備しております。資料請求された方へお送りしています。LCCの就航で、大阪、神戸、愛知、福岡などからは、片道4,000円〜5,000円代で沖縄へアクセスできるようになりました。バスや新幹線よりも飛行機のほうが速くてお安い時代ですね。県外から通学される方は、沖縄の旅も是非お楽しみください。沖縄県内の皆様にとっても、初体験が待っています。

 アドバンスコース修了後、建築・インテリアの風水空間デザイン®の学びをより深めたい方は、風水空間デザイナー®認定講座にて学んで頂くことも可能です。琉球風水設計のスキルを身に着け、風水空間デザイナー®」として活躍することができます。

 風水空間デザイナー®は、風水鑑定ができることで、プランニングに入る前に不調和を起こす原因を除外できます。プランが決まらないのは軸がブレていたり、気に入らない原因がわからないからです。

 デザインは感覚だけで行う方が多いですが、磨かれた感覚に加え論理的な説得力のあると、プランニングもスムーズです。何度もプランを描き直す時間やコストのロスを抑え、理想のゴールに最短でたどり着くことができます。

 風水でデザイン性を犠牲にしない。風水で住み心地の良さも犠牲にしない。風水空間デザイナー®は、むしろ、デザイン性を高め、再現性高く住み心地良い空間のプランを描くことができます。

 建築士、インテリアコーディネーターなどの設計のプロフェッショナルの皆様は、お客様に風水プランを提案できるようになります。不動産投資家、宿泊施設の経営者、新築される施主様、ご自宅でお教室を開催しているサロネーゼの皆様も、家族にもお客様にも喜ばれる空間づくりに琉球風水をお役立ていただけます。

新聞や専門誌などのメディアに多数掲載実績あり。
また、専門紙に70以上のコラム執筆をするなど、沖縄各紙に専門家として多数取材協力の実績がある。

以前首里で新築設計をご一緒した時に、明らかにこうした方が生活動線はいいと建築士としての絶対的な自信もあったので、一般的な風水の考え方とは逆でしたが、先生にプランを提案したんです。

そうしたら、先生からは「すごく氣の流れが良いプランですね」と、逆に褒められてですね、こういう風水の先生もいるんだなって思いました。

この先生だったらすごい柔軟に考えてくれてるし、ちゃんとこの場所の氣の流れとか、風の感じ方っていうのを感じながら計画やってるんだ、ということも分かって、風水に対する考え方がガラッと変わりました。

琉球風水の学びをトータルデザインしたお部屋が、住宅専門紙の一面に掲載!

「壮大な琉球風水の理論を現代の住まいに活かすことができる風水空間デザイン®を学び、実践し、空間のもつ心地よさを体験したとき、私自身が感動しました」

5人兄弟の末娘(25歳)のために、琉球風水でお部屋の模様替えをしました。あと何年一緒にいられるかわからないですが、娘の好みを取り入れた上質で心地よい空間を体感させてあげたかったんです。

はじめに琉球風水鑑定を行い、なんとなく感じていた心地悪さの「原因」を突き止めました。琉球風水の陰陽鑑定が、インテリアの分析にはとても有効でした。

娘の好みを優先しつつ、心地悪さの原因を改善する風水空間デザイン®のプランを作成しました。これからの人生をどんな風に生きていきたいか、娘と話し合い、その夢を叶えるためにインテリアを通して一つ一つ形にして行く時間は、母としてとても幸せな時間でした。

インテリアのコンセプトは、「海を見ながらゆったり過ごせる部屋」。壁紙は、娘の好きなティファニーブルーを主役にしました。巾木は、私が自分で白に塗装したんです。床はもともと重たい茶色で、床の張替えは大変なので迷いました。でも、インテリアスタイルの統一感を考えると床の色はもっと明るいナチュラルブラウンにする必要がありました。全体の統一感を取るため、ヘリンボーンのデザインで明るい木の色に変更しました。家具も全て新調したのですが、同じブランドで揃えた統一感が、すごくよかったです。

最初に「インテリアスタイル」を設定しているので、風水鑑定を取り入れても、全体の調和を崩すことなくトータルコーディネートできました。風水鑑定を行うことで、その根底に流れる東洋哲学を、インテリアを通して表現できるのがすごく魅力的です。

まさか、このお部屋が新聞の一面を飾ることになるとは、想像もしていませんでした。

この作品を仕上げたことで、ロンジェ®の風水空間デザイナー®に合格することができました。Lily先生から認定証を授与された瞬間に感じたことは、この認定証に相応しく、お役に立てる私でありたいとうことでした。

壮大な琉球風水の理論を現代の住まいに活かすことができる風水空間デザインを学び、実践し、空間のもつ心地よさを体験したとき、私自身が感動しました。その心地よさを、1人でも多くの方に体感していただけるよう、力を尽くしたいと思います

一部屋の模様替えで、家の雰囲気は大きく変わりました。小さい空間ですが、トータル風水デザインができたので、大きな自信になりました。この次は家全体の琉球風水リフォームを完成させたいです。

琉球風水の考え方を、設計に反映したことで、氣の流れを見て家具のレイアウト設計ができるようになり、これまでとは全く違うプランを描くことができました。

インテリアコーディネーターとして設計をする上で、風水で心地よい空間、過ごす人が幸せになる空間を作ることができるようになりたいと思い、ロンジェ®の講座を受講しました。

これまで仕事をしてきた中で、お客様が風水の方位の要望を出された時に、生活動線が悪くなることがわかっていても上手く説明できませんでした。私が本物の風水を知っていれば、もっといい方向へ導いていけたのにという想いがありました。

琉球風水の魅力は、形から生じる氣の流れを整える鑑定法なのですが、設計をする人間にとっては、絶対に知っておくべきことだと思います。心地よい空間を作るための氣の流れの描き方がわかるので、氣の流れから家具のレイアウトを設計することができ、これまでとは全く違うプランを描くことができるようになりました。

オンラインでも受講できることも、大きな魅力でした。琉球風水のことであれば先生にいつでもメールで相談できますし、システム関することや、課題を実践していく上での工程管理のサポートも専属のコーチが対応して下さり、入学後のアフターケア体制がよく整っています。

定期的にオンラインでのグループコンサルティングもあるので、直接先生に質問もできますし、個別コンサルティングの日程が決まっていて課題の締め切りがあるので、課題はたくさんありますが、進めていくことができました。

琉球風水の設計は、これまで作ってきたプランとは違った視点で描いていくので、経験を積み重ねていくことが大切だと思っています。氣の流れを整える方法論は、四神相応というたった一つの考え方ですが、シンプルなだけに奥が深いです。もっと上手く使いこなせるようになれるよう、何度も何度もプランを描いていこうと思います。