【第二部は『琉球風水でデザインした空間と人生』がテーマ】

首里城から学ぶ琉球風水と幸福人生デザイン1dayセミナー の第2部は、スペシャルゲストに、絵本メンタリング協会の 仲宗根 敦子 (Atsuko Nakasone) さんにご登場いただき、学長の 横川 明子 (Akiko Yokokawa) とのトークセッションを行いました。

敦子さんが代表を務める絵本メンタリング協会のセミナールームを、ロンジェ®の琉球風水でデザインし、お引渡しを終えたばかり。

できたてのセミナールームを事例に、敦子さんの「想い」を、ロンジェ®がどのように「形」にしたのかを、写真とともに、解説させていただきました。

空間設計で最も大切なのは、その空間をお使いになる方の想いです。敦子さんは、中心軸がしっかりとしていらっしゃり、ブレがありません。そして、協会の講師の皆様への愛情のこもった心配りが、そのまま空間に形となって現れてきました。

「想い」を「形」にするプロセスでは、琉球風水の氣の流れの設計や、陰陽バランス、幸運のモチーフによる意味付けを吟味し、風水術をいたるところに取り入れています。

空間を見た瞬間には、風水が入っているとはわからないような仕上げになっていますが、目に見えない心地よさと調和に、緻密にこだわった設計になっています。

そして、敦子さんが、ロンジェ®の前身である琉球風水スクール「アムリタ」で学んだことを、実践されたインテリアの事例をご紹介し、住環境とライフデザインをテーマに、いかに環境が人の無意識に語りかけ、人生に影響を与えるかを、実体験ともに、お話ししてくださいました。

住環境の風水を整える時、正解は、一人一人の生き方によって、異なります。自分の望む未来から逆算して、なりたい自分になるために環境を整えるのが、ロンジェ®の琉球風水インテリア。

「どんな生き方がしたいのか」という価値観によって、インテリアが決まります。

第二部の最後には、価値観を問う哲学的な内容の絵本を、敦子さんがセレクトしてくださり、読み聞かせを行いました。

そして、数々の問いを聞いた後に、価値観を言語化するワークを行いました。

第一部は首里城の復興への想いというビッグテーマでしたが、第二部では、首里城の復興を考えることも、自分の人生と向き合うことも、本質は同じであることを感じ取りながら、自分自身と向き合う時間を過ごしていただきました。

風水で空間を整える際、もっとも重要なことは、中心軸となる自分の価値観を明確化すること。

風水の方法論は星の数ほどあるので、それぞれの価値観に合わせて、望む未来を手にいれるために、オリジナルカスタマイズしていくのが、ロンジェ®の風水です。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。