【第一部 首里城の風水と宇宙の本質】

ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の 横川 明子 (Akiko Yokokawa) です。

2019年12月12日、万国津梁館にて、 首里城から学ぶ琉球風水と幸福人生デザイン1dayセミナー が開催されました。

セミナーは二部構成で、第一部では、「首里城の風水と宇宙の本質」というテーマで、お話しさせていただきました。

まず初めに、300年前、蔡温によって書かれた、首里城の風水風水鑑定報告書を解説。琉球王府の歴史編纂書、「球陽」の第十巻に書かれているものですが、漢文と読み下し文でしか読むことができないため、ほとんどの方がその内容を知る機会はないと思います。

「首里城の風水は良い」と、聞いたことがある方も多いと思いますが、一体何が良いのかをご存知の方は、ほとんどいらっしゃらないと思います。

首里城は、狭くて、起伏のある、傾いた土地の上にあり、決していい立地とは言えません。しかしながら、300年前の風水鑑定では、首里城を取り巻く周辺環境に恵まれていたことによって、首里城の風水は守られていました。

今回の火災の後、「首里城の風水は良いはずなのに、なんで火事が起きるの」という意見も、私の周りでは多く聞かれました。

300年前に良いと言われた首里城の風水環境は、経済的価値観が優先された政策の中で大きく変容し、現在の首里城の風水は、決して良いと言えない状況です。

セミナーでは、「首里城が首里城であるために、沖縄が沖縄であるために。300年後の未来へ、私たちは何をつなぐのか。」をテーマに、グループディスカッションを行い、発表してもらいました。

皆様の発表には、首里城への想いが熱く込められていて、聞いている途中、涙がこぼれそうになるくらい、感動的なご意見をいただくこともできました。

首里城の風水続きは、また、改めて、2020年新春の新聞記事と連動してお伝えします。第一部のレポートでした。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。