ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

トイレは、どこに置いても
良い場所というのはないのですが、
できるだけ避けたい位置があります。

これから、住宅を設計する方、購入する方、借りる方は、
住宅を選ぶ際は、トイレの位置に注意してください。

トイレは、人体に例えるとお尻。
口から入った栄養分が、体内を巡ってエネルギーとなり
不要なエネルギーが、お尻から排出されます。

住宅の口は玄関です。
玄関から入ったエネルギーが、
住宅の中を十分に巡った後に、
トイレで排出されるような氣の流れのラインを描けるのが理想的です。

トイレの配置で、避けたい場所は、二か所あります。

1)玄関正面のトイレ
2)住宅中央のトイレ

玄関近くにトイレがあるケースは多いのですが、
玄関ドアと、トイレのドアが
向かい合っている家は避けましょう。

玄関から入ったエネルギーが
住宅を巡ることなく、
一直線にトイレに入り、流れてしまいます。

住み心地としても、
玄関ドア正面にトイレのドアがある間取りだと、
トイレに落ち着いてはいることができず、
トイレを出る時に、玄関先にいる方と鉢合わせになるのは
あまり気持ちがよくないですよね。

住宅中央とは、人間というと丹田にあたります。
氣が集まるところに
氣に排出口があると、
その住宅の氣が流れ出てしまいます。

これらのトイレの配置は、
財運が漏れる、漏財宅(ろうざいたく)といわれる間取りです。

ロンジェの琉球風水は、
「どんな間取りでも、住み心地を良くすることができる」
というのが、基本姿勢です。

しかし、実際、玄関ドア正面にトイレのドアがある家に住んだことがあり、
また、デザイン的に氣にいって借りようと思った家が
玄関正面にトイレがあり、
なんとか住めないだろうかと考えました。

これだけは、どうにもならなかったです。

既存住宅の方が、この間取りにお住まいで、
このブログを読んだ時のお気持ちを考えると
情報を公開するのに、なんとも言えない気持ちになります。

ただ、何かずっと違和感があったり、
その家に住み始めてから、何故かわからないけど
お金が流れていくと感じているのでしたら、
原因がわかったという意味で、お役に立てれば幸いです。

問題は、トイレ(便器)の配置というより、
トイレのドアの位置です。

間取りによっては、ドアの位置を変えるだけ、
改善できる場合もあります。

これから家を建てられる方、購入される方、借りられる方は、
是非、参考にされてください。

マンションの間取りでも、
賃貸住宅の間取りも、
漏財宅の間取りをよく見かけます。

あなたの家の琉球風水がセルフチェックできる 

『琉球風水セルフチェックシート』期間限定プレゼント中!

The following two tabs change content below.
暮らしの質を向上させ、幸福な人生をデザインする、ロンジェ琉球風水アカデミー学長。 『自然の美しさに、癒される暮らし』をコンセプトに、空間をデザインする。沖縄の伝統風水のエッセンスを現代に生かし、一人一人が暮らしと空間の質を、自分で高めることができることをゴールに、個別指導を行っている。 動画やオンライン会議システムを使い、全国、全世界に対応。 ロンジェ琉球風水アカデミーのサイトにて、無料の動画レッスンと【e-book】「風水空間デザイン」の教科書プレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/freelesson/