ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

トイレは、どこに置いても
良い場所というのはないのですが、
できるだけ避けたい位置があります。

これから、住宅を設計する方、購入する方、借りる方は、
住宅を選ぶ際は、トイレの位置に注意してください。

トイレは、人体に例えるとお尻。
口から入った栄養分が、体内を巡ってエネルギーとなり
不要なエネルギーが、お尻から排出されます。

住宅の口は玄関です。
玄関から入ったエネルギーが、
住宅の中を十分に巡った後に、
トイレで排出されるような氣の流れのラインを描けるのが理想的です。

トイレの配置で、避けたい場所は、二か所あります。

1)玄関正面のトイレ
2)住宅中央のトイレ

玄関近くにトイレがあるケースは多いのですが、
玄関ドアと、トイレのドアが
向かい合っている家は避けましょう。

玄関から入ったエネルギーが
住宅を巡ることなく、
一直線にトイレに入り、流れてしまいます。

住み心地としても、
玄関ドア正面にトイレのドアがある間取りだと、
トイレに落ち着いてはいることができず、
トイレを出る時に、玄関先にいる方と鉢合わせになるのは
あまり気持ちがよくないですよね。

住宅中央とは、人間というと丹田にあたります。
氣が集まるところに
氣に排出口があると、
その住宅の氣が流れ出てしまいます。

これらのトイレの配置は、
財運が漏れる、漏財宅(ろうざいたく)といわれる間取りです。

ロンジェの琉球風水は、
「どんな間取りでも、住み心地を良くすることができる」
というのが、基本姿勢です。

しかし、実際、玄関ドア正面にトイレのドアがある家に住んだことがあり、
また、デザイン的に氣にいって借りようと思った家が
玄関正面にトイレがあり、
なんとか住めないだろうかと考えました。

これだけは、どうにもならなかったです。

既存住宅の方が、この間取りにお住まいで、
このブログを読んだ時のお気持ちを考えると
情報を公開するのに、なんとも言えない気持ちになります。

ただ、何かずっと違和感があったり、
その家に住み始めてから、何故かわからないけど
お金が流れていくと感じているのでしたら、
原因がわかったという意味で、お役に立てれば幸いです。

問題は、トイレ(便器)の配置というより、
トイレのドアの位置です。

間取りによっては、ドアの位置を変えるだけ、
改善できる場合もあります。

これから家を建てられる方、購入される方、借りられる方は、
是非、参考にされてください。

マンションの間取りでも、
賃貸住宅の間取りも、
漏財宅の間取りをよく見かけます。

新築住宅の風水設計プランを成功させる、間取りや家具配置のポイントを記事でまとめています。詳しくはこちら。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。