「上質」「格調高い」器に幸運が舞い込む

2021年は六白金星の年。五行では「金」、自然界では「天」を表します。天は、世界を創造する力強い存在です。これまでの人生経験で蓄えた英知から人をサポートする、尊敬されるリーダーになるためのエネルギーを高めるなど、人として、一つ上のステージを意識しましょう。

六白金星は、家族では「父」を表します。年長者や経営者など、父性の象徴であり、「リーダー」のエネルギーを持ちます。六白金星の氣と調和できると、仕事では、指導力が高まる、出世する、有力者からの支援が得られます。家庭では、一家のあるじの父性が良い意味で高まり、家庭が円満になります。

時間軸のサイクルでは、六白金星は最終段階を表します。1日では夜、季節では晩秋、人の年齢では老年期です。リーダーとして責任をもつ、次のサイクルに向け長期的計画を立てる、構造改革を行う、チームの力を強くするなど、「父性」を高めることや、「父性」の立場の人をサポートすることにフォーカスすると、良い運気の流れにのることができます。

2021年は、上質で格調の高いインテリアに幸運が舞い込みます。住宅の中で、特に整えたい空間は、仕事の生産性を左右する「書斎」と、一家のあるじが英気を養う「寝室」です。インテリアには、上品で高級感のあるアイテムを取り入れていきましょう。

六白金星の氣が不足すると、指導力が落ちる、威厳が消える、自立心が弱まる、自分の人生を自分で管理できなくなる、品格が低く見られるなどの問題が出てきます。一方、六白金星の悪い氣が強すぎると、高慢、独裁的、権威主義的、高圧的になります。心のあり方と、住環境を整え、六白金星の良い氣を高めていきましょう。

六白金星の運気を高めるインテリア

メインのイメージカットの写真を見てください。クラシカルな家具や、手仕事による格調高いファブリックは、ぜひ取り入れたいアイティム。写真はウィリアムモリスのテーブルセンターとクッション。上品なラベンダー色が六白金星の運氣を高めます。お部屋のアクセントに。

ハイグレードな空間でご馳走 器を広げ運呼び込む

六白金星は、高い地位と名誉、大きな財を表します。2021年は、あなたの目標とする人たちが集まるハイグレードな空間で、お世話になっている人にご馳走しましょう。

ラグジュアリーな空間で丁寧な対応を受けると、あなたの意識も高まります。愛情を込めたおもてなしで相手を喜ばせることで、”感謝”と”笑顔”という最上のエネルギーを受け取ることができます。お金は、使う時の感情がとても大事。幸せな感情でお金を使うと、あなたを幸せにしてくれるお金が入ってきます。

良い運氣の流れをつかむには、まず運を受け止める器の準備を。人としての器を広げ、その質を高めることで、その器に見合った運氣が入ってきます。

指導者運を高める書斎のつくり方 背後を壁にして後ろ盾を得る

机の配置は、座る人の背中を壁で守るのが風水レイアウトの基本です。物理的に後ろ盾を得ることで、安全が守られると同時に、有力者の支援を得ることを意味します。背後にドアや窓があると、後ろの人の動きや視線などが殺気となり、精神的に不安定になります。

前方に扉がくる机の配置は、室内環境の変化をすぐに読み取ることができるので、潜在意識レベルで安心感が得られ、集中力も高まります。椅子と机は、あなたの身長に合わせ、自然な状態で作業ができることを考えて家具を選ぶと、健康が守られます。

椅子は、両足のかかとが床にぴったり着く座面の高さが理想的。PC用デスクは、キーボードを打つ腕の位置と机の高さを合わせ、PC画面と視線の高さを合わせると、長時間作業しても疲れにくくなります。指導者運を高める書斎は、ワークデスクのレイアウトと高さを考えた上で、インテリアを格調高く、威厳を保てるようなデザインにしましょう。

ディスプレイアイテムには、地球儀や世界地図を。大地の「土」の氣が「金」の氣を強めます。リーダーとしての地位を確固たるものにし、物事の全体を見る視点が培われます。

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/