2018年は会計や家計、不動産投資など、お金に関わることに対して学びを深めたことで、風水理論とお金のエネルギーの関係を読み解くきっかけをいただきました。

そこから、初の風水とお金のコラムの執筆依頼を受けまして、沖縄タイムス副読紙の週刊ほ~むぷらざの新春スペシャルコンテンツとして、風水コラムが掲載されました。

これまでの、風水とお金のイメージをくつがえす、きわめて堅実なお金の風水のお話しです。

企画書として書いた文章が、A4文書で4枚近くなってしまったため、半分以上削ることとなりました。ここでは、新聞には掲載しきれなかった、首里城の水の流れを、写真とともに、解説させていただきます。

お金の問題は、数字が苦手で、見て見ぬふりをしている方も多いと思いますが、How toの方法論ではなく、本質的な宇宙理論からお金のエネルギーを見てみて下さい。意識が変われば、思考習慣が変わり、行動が変わります。是非、参考になさってくださいね。

記事本文をじっくり読みたい方は、こちらのURLからPDFファイルにてお読み下さいませ。

寒水川樋川(スンガーヒージャー)
久慶門の近くにある湧き水。瑞泉門の前にある龍樋とならび、首里城の大切な水源で、生活用水、防火用水にも使われていた。目立たない場所にあるものの、その水の流れは、首里城の水道システムの形を現在も見ることのできる貴重な存在。

久慶門(きゅうけいもん)
寒水川樋川から溢れた水は、久慶門の左右から流れ出て、地中の溝に入っていきます。

久慶門から円鑑池への水路
久慶門の左右から流れ出てた水は、道の脇にある溝を通り、クネクネと曲線を描きながら円鑑池へと流れ込みます。

円鑑池(えんかんち)
湧水や雨水が集まり、水が留まる仕組みになっている。円鑑池から龍淵橋を通り、龍潭に水が流れ込む構造は、現在のダムの構造と同じ。近くの金城ダムに行くと、模型で水の流れの仕組を見ることができます。

龍淵橋(りゅうえんきょう)
円鑑池と龍潭には高低差があり、円鑑池が高く、龍潭が低くなっている。円鑑池の水位が上がると、溢れた水が、龍淵橋のアーチを抜けて龍潭へと流れ込む仕組みになっている。

龍潭(りゅうたん)~龍淵橋側より撮影~
中国の造園技術を学び、人工的につくられた池。美しい花々や木々に囲まれた琉球第一の名称地だったと伝えられている。

重陽の宴の図
首里城では、冊封使が来琉の際、数々の宴でもてなしていたが、龍潭では、中秋の宴の後、爬龍船を浮かべて、船遊びの宴が催された。宴の座席配置の様子もこのように残っており、琉球王朝のホスピタリティを感じる場所の一つ。


龍潭 ~世持橋側より撮影~
美しい水が、美しい花々や木々に囲まれ、良い氣が留まっている場所に人が集まる。そこで、人が楽しみ、幸福感で満たされるというイメージが浮かんでくる場所。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。