2019年の年始は、斎場御嶽へ

ここ7年で、10回以上来ていますが、来るたびに少しずつシステムが変わっています。前回来たのが、2018年3月ですが、今回斎場御嶽までの道が整備されて、ルートが変わっていました。

入口前の広場が整備されたことで、これまで、危険なため立ち入り禁止となっていた、ウローカーへと行くことができました。

ウローカーとは、国王が斎場御嶽へ参拝する前に立ち寄る禊の場で、清らかな水がある場所です。

ウローカーへ向かう参道は、かなりの急斜面で、手すりにつかまりながら、慎重に降りていきました。

王朝時代の服装や足回り、移動手段を考えると、斎場御嶽への参拝は、かなり大変な行事だったのではないかと感じます。

2019年の三が日は、沖縄の聖地で充実した時間を過ごしました。拝所で、感謝の祈りをささげる時間は、自分の内側と向かい合う時間でもあります。

心が、今ここにあり、自分を見つめることのできる時間。このための、時間と場所が、人生には必要だと思います。

ウローカー

ウローカー向かう参道です。見ての通り、かなりの急斜面です。王朝時代、国王の聖地巡礼儀式で、斎場御嶽へ向かう参道として、利用されていたそうです。 ウローカーです。斎場御嶽に参拝する前に、手洗いなどの禊(みそぎ)を行った場所。祭祀に欠くことのできない聖なる水とされていたそうです。
斎場御嶽

シキヨダユルアマガヌビー(奥)
アマダユルアシカヌビー(手前)
鍾乳石から滴る水を受け止める二つの壺。壺の中の水の量のたまり具合で占いがおこなれ、聖水として利用されていたそうです。今も、壺に水が満たされていく様子を見ることができます。
三庫理(サングーイ)です。斎場御嶽のパンフレットには、大庫理(ウフグーイ)、寄満(ユインチ)、三庫理の神域は、首里城内にある部屋と同じ名前と書いてありますが、実際、三庫理の場所だけでは定かではありません。大庫理は正殿2階の部屋、寄満は正殿の奥にあるキッチンですが、三庫理は京の内の中にあったと言われています。

琉球風水の基本を学ぶ無料動画レッスンはこちら
新聞コラムのPDFファイルのプレゼント、スポットコンサルティングの初回診断が無料になる特典付き!

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/