本日、8月12日発行、沖縄タイムスの副読紙『タイムス住宅新聞』にて、月間連載コラムが掲載されました。

今回は、沖縄本島南部の聖地、斎場御嶽について、風水目線でお伝えしています。

斎場御嶽は、聖地として大変有名なところですが、言葉で説明するのがこれほど難しいところは無いでしょう。

首里城の正殿の裏にある御内原、首里城の神域である京の内、そして、この斎場御嶽は、ほとんど記録が残っていません。

政治の表舞台については、公的な歴史編算書『球陽』などに記録がありますが、王族のプライベートな暮らしや、神女の儀式などは、完全にクローズドです。

斎場御嶽に関して、参考にできる資料の一つが、琉球王国の最高ランクの神女である聞得大君(きこえおおきみ)の就任儀式「御新下り」に関する論文です。

御新下りの式次第が記録として残っており、また、『おもろそうし』という王府によって編纂された歌集に聞得大君を称える歌があります。これらの資料をもとにした学術文献が、斎場御嶽を読み解く資料になります。

論文を見つけたのはいいですが、大変難しくて、3年間で30回以上繰り返し読み、まだ、理解できたのは半分くらいというが、正直なところです。

しかしながら、連載コラムは風水師として書かせていただいているので、聞得大君の御新下りについて書いても、コラムとしては成立しません。では、風水師として、斎場御嶽について何を語ることができるのか…悩みました。

そこで、先月、飛行機から眺めた沖縄本島上空の風景を思い出し、視点を一気に宇宙まで上げて、マクロ視点で沖縄本島と斎場御嶽を眺めた風景を解説しました。

スピリチュアルなことを語るのは私の仕事ではありません。科学的にどこまで風水を語ることができるのか、チャレンジしていきたいと思います。

今回も、たくさんの方々に支えられてコラムを執筆することができました。タイムス住宅新聞の関係者の皆様、南城市文化課の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

連載コラムのWEB記事はこちらです

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。