本日、沖縄タイムス副読紙のタイムス住宅新聞にて、連載コラム「Lily’sスペースジャーニー」の第3回が掲載されました。王朝時代の風水師は、琉球の島を一体の龍と捉え、琉球の大地を流れる気脈を守ることを大切にしました。沖縄本島北部の聖地、大石林山から見る山並みは、まるで躍動している龍のようです。


今回の連載では、琉球風水の歴史的な世界をお届けしたいという思いで書いています。それは、風水に興味を持たれた方に、是非、風水のいい暮らしを、実際に手に入れていただきたいと思っているからです。


風水は、テクニックではなく、華道や茶道などの「道」の世界と同じです。哲学や思想が軸にあることで、風水のいい家や風水の良い暮らしが手に入ります。

風水哲学を自分の中にもつことにより、心穏やかな毎日を送ることができます。知識も大切ですが、体感することのほうが気づきが早いですから、琉球風水を体感できるスポットをご紹介しています。

300年の時を越えて、王朝時代の風水師が見たであろう風景を、あなたも一緒に見てみませんか。
タイムス住宅新聞のWEB記事はこちらからどうぞ

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。