アロマと琉球風水ですっきり第15回 キッチン2 現代住宅の台所

健康運を司るキッチン

きれいに保ち楽しい空間に

琉球風水では、キッチンは健康運を司る空間と考えます。住宅を人体と捉えると、食事をつくる場であるキッチンは、人体の肺や食道、胃に相当します。また、料理の熱や飛び散った油などで空気が汚れる場所であるため、その汚れた空気が衰気となって出て行くところです。玄関が氣の入り口であるのに対し、衰退した氣の出口は、水周りと勝手口です。キッチンは、衛生的であることが大切であることに加え、換気、排水が重要なエリアになります。

火回り、水回りを衛生的に

昔のカマドに比べると、調理に使う火の安全性は高くなっていますが、現代も建物火災の出火原因で1番多いのはコンロによる火災です。キッチンの風水では、まず火の安全に配慮し、氣の流れの良い環境に整えましょう。

現代では、ガスコンロ、電気コンロ、IHクッキングヒーターなど、コンロのタイプも様々です。火が出ない、電気コンロやIHクッキングヒーターも、使い方を誤ることで火災が発生する場合があります。どのタイプでも、コンロの近くには燃えやすいものを置かない、コンロを使っているときはその場を離れないないなど、当たり前のことを毎日の生活の中で、丁寧に実践しましょう。

こまめなお掃除は、火に対する安全性を高めます。グリル、壁、換気扇などに飛び散った油は放置せず、重曹やクエン酸スプレーなどを使ってきれいに取り除きましょう。また、コンセント周りの埃も発火の原因となるので、キッチン家電で常時コンセントがつながれているものは、汚れが溜まっていないか定期的に確認を。清潔に保つことは、調理で汚れた空気など、衰退した氣が滞らずに、適切に排出される環境を整えることにつながります。

水周りは、湿気対策と排水の良さがポイントです。湿気は、雑菌が増殖しやすい環境を作ります。水気が残らないようお掃除しやすい環境づくりと、汚れた水が適切に排出されるように整えましょう。雑菌の繁殖は、悪臭の発生や、食中毒などにつながります。重曹やクエン酸スプレーを活用し、シンクや排水口などを清潔に。衰退した氣の出口となる排水パイプも、酸素系漂白剤などを使って、定期的にお掃除しましょう。

火周りも水周りも衛生的に保つことは、家族の健康運にダイレクトにつながります。

 アロマを活用してお掃除を楽しむ 

キッチンでは、アロマを活用した手作りのハウスキーピンググッズが大活躍します。お掃除しながら、上質な香りを楽しみましょう。キッチンと相性が良いのは、食品として嗅ぎなれている、レモン、グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘系や、ミントなどのハーブ系の香りです。

柑橘系の精油には、リモネンという化学成分が多く含まれており、油汚れを落とす作用があるといわれています。ミントは、消臭効果が高い精油なので、お掃除に向いています。また、衛生的に清潔に保ちたい場所ですので、殺菌、抗菌効果の高いティートゥリーなどもお勧めです。ただし、精油の効果効能は、こだわりすぎず参考程度に。何よりも好きな香りを選ぶことが、アロマを楽しく日常生活に取り入れるコツです。

良い香りの空間を作るためには、悪臭の発生原因を絶つことが第一です。悪臭が漂う空間では、氣が衰退し、悪い氣が発生します。雑菌が増殖したり、害虫が集まってきて、特に衛生面に問題が出てきます。キッチンでは、特にゴミの臭いに気をつけましょう。生ゴミ入れは小さめの蓋付のもので、こまめに捨てます。紙に包み、アロマを使うなど、臭いを押さえて虫を寄せ付けないように。その他のゴミも、蓋付きのゴミ箱で、見た目も配慮し、臭いをもらさないようにして、清浄を保ちましょう。

キッチンは、女性が最も長く過ごす空間の一つです。清浄を保つことに加え、日当たりや通風なども配慮し、温度や湿度を快適に保って、体調良く過ごせる環境を心がけます。また、キッチングッズは、毎日使うものだからこそこだわって、遊び心のあるものを。快適な上に、心が明るくなるインテリアにして、楽しく過ごすことのできる空間を作りましょう。

アロマdeハウスキーピング アロマクエン酸スプレー

水垢のお掃除に最適 重曹とも相性良し

材料

エタノール 5ml お好みの精油40滴 精製水200ml クエン酸 小さじ1

  • エタノールに精油を入れ混ぜ合わせます。
  • 200mlの水にクエン酸を入れ、混ぜ合わせます。
  • スプレー容器に、1と2を入れて、混ぜ合わせたら出来上がり

クエン酸は酸性のため、水垢などのアルカリ性の汚れを中和して落とします。クエン酸は揮発しないため、使用後は必ず水拭きします。

クエン酸は目に入ると失明の恐れがあるといわれていますので、取り扱いに注意。空気に触れると溶ける性質があるので、密封して冷暗所に保存します。

  • 塩素系洗剤とクエン酸は絶対に混ぜないこと。有毒ガスが発生し危険。

使い方

・蛇口 (クエン酸・重曹)

こまめに水垢を拭き取るのが何よりの水垢対策です。蛇口の根元のこびりついてしまった水垢は、テッシュで覆って、クエン酸スプレーを拭き掛け、ラップで保湿し、30~60分程パックします。水垢が緩んだところで、ティッシュをはずし、重曹をたっぷり振りかけて研磨作用があるスポンジでこすります。

・シンク

重曹をシンクにふりかけて、スポンジやブラシでこすりクレンザーのように使います。重曹が白く残るのを防ぐため、クエン酸をスプレーすると、綺麗にお掃除がしあがります。

・コンロ周り

油汚れや焦げ付きなど、気になるところに、重曹をふりかけ、その上にクエン酸をスプレーします。重曹の粉とクエン酸スプレーは混ぜると、シュワシュワと泡がたち、たんぱく質に吸着して汚れを浮き上がらせます。この泡を利用して、汚れを落とします。30分くらい放置して、ウエットティッシュなどでふき取ります。

 

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/