「琉球民家の造り-自然と調和する琉球風水」

ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。
沖縄の伝統古民家を、琉球風水の視点から解説しています。

新築住宅を設計する場合、琉球民家のゾーニングの考え方は、現代住宅にも応用ができて、快適な家づくりにつながります。琉球風水の最大の特徴は自然との調和を大切にすること。そして、現実的に暮らしに役立つ実学であり、感性的価値をも重視する美学です。今回は、王朝時代の民家の造りから、琉球風水を解説します。

理想的な地勢と方位

王朝時代は、国造り、集落の形成、家造りと、一つの風水理論を国単位から個人の住宅単位まで、入れ子構造で取り入れていました。そのため、個人宅においても、どの家もが風水的に良い立地で建てられていました。風水で理想とする地勢は、背後に山があり、前方は広く平らで開けていること。方角的には、背後が北側、前面が南側を向くのを良しとします。琉球民家も、これを基本としています。そして、季節風の向き、太陽の方角、台風の影響など、沖縄独特の気象条件の中で、安全で心地よく暮らせることが配慮されました。

左右で公私を分ける

住宅の空間を機能的に分ける方法としても風水が使われています。ヒンプンの右側は、男性とお客様が出入りする来客空間への動線です。母屋の前面であるパブリック空間を表座といい、東側(右側)から一番表座、二番表座、三番表座としました。一番座が客間、二番座は仏間、三番座は居間として使われていました。

ヒンプンの左側は、女性や子供たちが出入りする家族空間への動線です。このプライベート空間には、井戸、かまどやトイレなどがありました。母屋の奥のエリアは、裏座とよばれ、寝室、子供部屋や産室になっていました。このように、当時の人々の生活様式に合わせて、住宅の間取り配置は、機能的にできていました。

現代の住宅事情とは大きな違いもありますが、自然と調和する琉球風水の知恵を読み解くことで、そのエッセンスを今の時代に活用することは可能です。琉球風水の具体的実践法については、これからのコラムで、各部屋別に解説をします。

【記事の写真をクリックすると、PDFファイルで記事全文をお読みいただくことができます。】

 

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。