「琉球民家の造り-自然と調和する琉球風水」

ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。
沖縄の伝統古民家を、琉球風水の視点から解説しています。

新築住宅を設計する場合、琉球民家のゾーニングの考え方は、現代住宅にも応用ができて、快適な家づくりにつながります。琉球風水の最大の特徴は自然との調和を大切にすること。そして、現実的に暮らしに役立つ実学であり、感性的価値をも重視する美学です。今回は、王朝時代の民家の造りから、琉球風水を解説します。

理想的な地勢と方位

王朝時代は、国造り、集落の形成、家造りと、一つの風水理論を国単位から個人の住宅単位まで、入れ子構造で取り入れていました。そのため、個人宅においても、どの家もが風水的に良い立地で建てられていました。風水で理想とする地勢は、背後に山があり、前方は広く平らで開けていること。方角的には、背後が北側、前面が南側を向くのを良しとします。琉球民家も、これを基本としています。そして、季節風の向き、太陽の方角、台風の影響など、沖縄独特の気象条件の中で、安全で心地よく暮らせることが配慮されました。

左右で公私を分ける

住宅の空間を機能的に分ける方法としても風水が使われています。ヒンプンの右側は、男性とお客様が出入りする来客空間への動線です。母屋の前面であるパブリック空間を表座といい、東側(右側)から一番表座、二番表座、三番表座としました。一番座が客間、二番座は仏間、三番座は居間として使われていました。

ヒンプンの左側は、女性や子供たちが出入りする家族空間への動線です。このプライベート空間には、井戸、かまどやトイレなどがありました。母屋の奥のエリアは、裏座とよばれ、寝室、子供部屋や産室になっていました。このように、当時の人々の生活様式に合わせて、住宅の間取り配置は、機能的にできていました。

現代の住宅事情とは大きな違いもありますが、自然と調和する琉球風水の知恵を読み解くことで、そのエッセンスを今の時代に活用することは可能です。琉球風水の具体的実践法については、これからのコラムで、各部屋別に解説をします。

【記事の写真をクリックすると、PDFファイルで記事全文をお読みいただくことができます。】

 

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/