アロマと琉球風水ですっきり第11回 現代住宅のトイレ

感謝の心でこまめに掃除

 

前回(第10回)は、琉球民家のトイレの風水について解説しました。今回は、琉球民家の風水のエッセンスを取り入れた、現代住宅のトイレの整え方についてお話します。

明るい、きれい、さらさらに

トイレの風水インテリアの基本は、明るい、きれい、さらさら、無臭または良い香りです。水周りはどうしても水の氣が過剰になり、陰に傾きがちです。過剰な水の氣を減らすには、水を吸い取る木の氣や、水を乾燥させる火の氣を取り入れます。ファブリックは統一感をもたせること。暗い印象にならないよう、白や明るいトーンの色を選びましょう。

木の氣を強めるには、観葉植物などを取り入れます。
アロマストーンで天然アロマの香りを漂わせるなど、良い風を感じる雰囲気も◎。
火の氣や陽の氣が必要と感じる場合は、クリスタルなどの置物、きれいな写真等を取り入れましょう。

健康運司る場所 衛生面とにおいに氣をつける

風水の運気でみると、トイレは排せつ物の場であり、ウイルスや雑菌による病気の感染が広がる場でもあることから、健康運に影響します。健康運を上げるポイントは、雑菌を増殖させず、清潔を保つこと。便器の細かい部分、床や壁などもしっかりと汚れを取り除き、除菌、殺菌をすることが大切です。カビや悪臭などの悪い氣が発生しづらい環境を作りましょう。

財運を司る場所 水の氣を清らかに

トイレは、住宅の財運に影響すると考えます。財運は水によって運ばれ、水のあるところに留まり、そして、流れ出ていきます。水洗トイレは、臭いが外に出にくいように、便器の中に常時水を溜めておく構造になっています。その水に、財運の氣が入り、外に排出されます。財運を上げるポイントは、水が清らかであること。水の氣を淀ませないように、特に水の溜まる便器の中は、汚れをこまめに取り除きましょう。財運が一気に漏れでないよう、トイレの蓋や、扉はきちんと閉めると、トイレの悪い氣が住宅内に逆流するのを抑えることもできます。

運勢アップを期待できる空間

トイレは住宅内で何かと凶の要素になってしまいがちですが、インテリアを整え、清浄に保つことで、運勢アップを期待できる場でもあります。トイレには神様がいるといわれます。神様がいるから掃除や拝みするのではなく、空間を清浄にし、心を磨くことによって、そこに神様が宿るのです。食に恵まれ、健康に過ごすという当たり前の日常に、感謝の祈りを捧げながらお掃除するのが一番の開運行動です。

アロマdeナチュラルハウスキーピング 『アロマ重曹』『アロマスプレー』

◆アロマ重曹 150g

材料:重曹150g・精油15滴・重曹シェーカー
作り方:重曹シェーカーに重曹と精油を入れ、マドラー等で混ぜ合わせる。

使い方:便器に重曹を振りいれ、ブラシやスポンジで磨く。重曹シェーカーを置いておくだけで、香りが広がります。

◆アロマスプレー 200ml

材料:無水エタノール 120ml 精油40滴 精製水80ml スプレー容器
(1) ビーカーにエタノールと精油を入れ混ぜ、精油を溶かします。
(2) スプレー容器に、1と精製水を入れて、混ぜ合わせたら出来上がり

使い方:便座や手が触れる場など、殺菌したい拭き掃除に最適。水とエタノールを混ぜ合わせ、エタノールの濃度が60~80%だと殺菌作用があるといわれています。お掃除と同時に、香りも広がります。

※精油は効果効能にこだわり過ぎず、好きな香りを選びましょう。シトラス系や、ミント系、ユーカリなどがトイレと相性が良くお勧めです。何よりお掃除が大事な空間ですが、お掃除グッズは直接目に見えないように収納を。コンパクトなサイズの床ブラシを選ぶなど、使っていない時は扉つきの収納棚等に綺麗に収納してください。お掃除グッズを清潔に保つことも忘れずに。

The following two tabs change content below.
暮らしの質を向上させ、幸福な人生をデザインする、ロンジェ琉球風水アカデミー学長。 『自然の美しさに、癒される暮らし』をコンセプトに、空間をデザインする。沖縄の伝統風水のエッセンスを現代に生かし、一人一人が暮らしと空間の質を、自分で高めることができることをゴールに、個別指導を行っている。 動画やオンライン会議システムを使い、全国、全世界に対応。 ロンジェ琉球風水アカデミーのサイトにて、無料の動画レッスンと【e-book】「風水空間デザイン」の教科書プレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/freelesson/