ロンジェ琉球風水アカデミー、
学長の横川明子です。

枕の向き、氣になりますか?
日本では、小さい頃から親に
「北枕で寝てはいけない」と
言われた方も多いと思います。

でも、風水で一番のおすすめは、
北枕です。

また、沖縄では、「西枕で眠ってはいけない」と
言われています。

私は東京出身ですので、
沖縄に着た時に、「西枕が良くない」という意味が
わかりませんでした。

沖縄には、太陽信仰が根付いており、
太陽が昇る東は、良い方位で、
太陽が沈む西は、物事の終わりを示す方位で、
あまり縁起の良い方位ではありません。

王朝時代の民家では、
西枕は亡くなった方の眠る方位なので、
西枕は避ける信仰が今でも残っています。

風水の視点から言えば、
一番のおすすめは北枕です。

光穏やかな陰の方位なので、
落ち着いて眠ることができること。

そして、地球の磁力線に沿って眠るので、
最も身体に良い方位です。

北枕については、
お釈迦様が亡くなった際に向けた枕の向きが北向きであったことから、
死者が枕を向ける方位と伝わってきています。

もともとは、昔の中国で、亡くなった方を
北枕で眠らせたところ、
身体が、地球の磁力線に沿って氣の流れがよくなったことで、
生き返ったという説があります。

お釈迦様の枕が北向きなのは、
生き返りを願ったためだそうです。

そして、沖縄の西枕に関しては、
風水や迷信ではなく、信仰です。

民族学や、社会人類学の領域で、
風水師としては、その方の考え方次第で、
アドバイスを変えています。

西枕で眠ることができれば、
快適な寝室になるのに、
西枕を避けることで、
ベッドが落ち着かない配置になってしまっている場合には、
「西枕は、風水的には全く問題ありません」と
説明します。

他の風水の鑑定法を使えば、
その方の生年月日によってですが、
西が吉方位のケースもあります。

しかし、「小さい頃からずっと西枕はいけないといわれてきたので、抵抗があります」という場合や
「新築して、西枕であることを、両親が知ったら怒られます」という場合には、
その方々が、将来的にも、精神的な安心感が得られるようにアドバイスします。

大切なのは、昔から伝わってきていることだからといって、
全て鵜呑みにしないことです。

先人の知恵には、大切なこともたくさん含まれています。
しかし、途中で誰かが便宜上、作り上げているものもあります。

間違った思い込みもありますし、
数百年前には正しくても、
今の時代には合わないものもあります。

何かしらの決まりごとが氣になったのであれば、
ネット上で検索すれば大抵のことはわかりますし、
そのトピックに関連する本を10冊も読めば、だいたいの答えが見つかります。

迷信や言い伝えに限らず、
本質を伴わない方法論には
限界があります。

風水の方法論の情報も氾濫していますが、
風水を実践する時は、その方法論の本質を、是非調べてから、実践すると
しっかり効果を感じることができると思います。

さんざん、方位について書いてきましたが、
最終的には、方位など、大して氣にする必要はありません。

大切なのは、氣の流れです。

風水が良くなる、快適な寝室の具体的な作り方は、
新聞コラムをご覧ください。

吉方位に関しては、是非、ポジティブに解釈してくださいね。

あなたの家の琉球風水がセルフチェックできる 

『琉球風水セルフチェックシート』期間限定プレゼント中!

The following two tabs change content below.
暮らしの質を向上させ、幸福な人生をデザインする、ロンジェ琉球風水アカデミー学長。 『自然の美しさに、癒される暮らし』をコンセプトに、空間をデザインする。沖縄の伝統風水のエッセンスを現代に生かし、一人一人が暮らしと空間の質を、自分で高めることができることをゴールに、個別指導を行っている。 動画やオンライン会議システムを使い、全国、全世界に対応。 ロンジェ琉球風水アカデミーのサイトにて、無料の動画レッスンと【e-book】「風水空間デザイン」の教科書プレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/freelesson/