ロンジェ琉球風水アカデミー
学長の横川明子です。

今日は、月間連載コラムの記事をご紹介します。
コンドミニアムホテルの5色のインテリアを
琉球風水の陰陽バランスでファブリックをコーディネートしました。

今回は、赤のリビングのコーディネートです。

リビングという空間は、
陽のエネルギーを持つ、人が集まるパブリック空間で、
テーマカラーは、陽のエネルギーを持つ色と相性が良いです。

ただし、今回のテーマの赤という色は、
確かにリビングとは相性が良いのですが、
強い色なので、インテリアに使うには、少々難しい色ですよね。

彩度を下げたり、
使う範囲を狭くしながら、
全体の調和をとることができるよう、意識して、
インテリアをコーディネートしました。

新聞記事には、ファブリックを整えるステップが書いてあり、
記事にも全体の統一感が出るよう
毎回カーテンから始まって、タッセル、クッション、
ウォールデコレーションの順にアクセントをご紹介しています。

今回の赤のテーマのリビングでは、
実際に一番初めに決まったのは、
クッションでした。

これは、スイスのファブリックブランドの
フィスバ社の生地で、
カーテン生地のショールームに行って、
私が自宅用に使いたいと見つけたものです。

最初は、お客様のお好きなものを選んでいただこうと
思っていたのですが、
何百枚もある生地から、1枚を選ぶというのは、
なかなか大変なものです。

私もお客様も、好きなテイストがほぼ同じでしたので、
陰陽バランスを踏まえた上で、
私の好みのデザインを選んでいく形で、
生地のデザインが決まっていきました。

リビングのファブリックのコーディネートで
一番楽しいところは、
このアクセントになるクッションに
お気に入りの柄を取り入れるところです。

フィスバの生地は、カーテン生地の中では、高級なので、
使用面積の広いカーテンで導入してしますと、
コストがかなりかかります。

しかし、クッションなど、アクセントで取り入れる分には、
手軽に取り入れることができます。

これだけ大きい柄ですと、
カーテンで使うのは、なかなか難しいですから
こうして、アクセントで使う方が、簡単です。

私も自宅のこの柄のクッションを使っています。
小さなアクセントですが、
一つでも上質なものが加わると、
幸福度があがります。

インテリアを美しくしたいという方は、
一気に全部を変えることは難しいかもしれませんが、
これからは、何かアイティムを足すときは、
お気に入りの上質なものを、一つ一つ取り入れてみてくださいね。

ファブリックコーディネートの詳細は、
新聞記事をご覧ください。

美しい心、美しい空間、美しい人生が手に入る

無料動画レッスン&e-book「風水空間デザインの教科書」プレゼント中!

【下のバナーをクリック!】

The following two tabs change content below.
暮らしの質を向上させ、幸福な人生をデザインする、ロンジェ琉球風水アカデミー学長。 『自然の美しさに、癒される暮らし』をコンセプトに、空間をデザインする。沖縄の伝統風水のエッセンスを現代に生かし、一人一人が暮らしと空間の質を、自分で高めることができることをゴールに、個別指導を行っている。 動画やオンライン会議システムを使い、全国、全世界に対応。 ロンジェ琉球風水アカデミーのサイトにて、無料の動画レッスンと【e-book】「風水空間デザイン」の教科書プレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/freelesson/