ロンジェ琉球風水アカデミー
学長の横川明子です。

玄関は氣の入り口です。氣の流れを整えることで、
良い氣が家の中に入ってきます。

氣の流れるスピードは、氣の流れの良し悪しを決めます。
良い氣の流れる心地よい空間の作り方を説明します。

【氣の流れるスピード】

氣の流れの良し悪しはシンプルです。
それは、スピードで決まります。

氣の流れが速いと、心地悪く感じ、
氣の流れが緩やかだと、心地よく感じます。

氣の流れの速さを決定する要素の一つが
氣の流れるラインです。

直線的なラインは、氣の流れが速すぎます。
S字を描くラインは、氣の流れが緩やかになります。

これは、風水の水法から応用したものです。
氣の流れは、川の流れの見方と同じです。

【玄関の氣の流れを決めるもの】

氣の流れは、物の形によって決まります。
ドアや窓の開口部が大きく影響します。

玄関でのチェックポイントは、
玄関ドアの位置と、
玄関ホールからリビングへつながる動線です。

玄関ドアと、リビングのドアのラインが一直線だと、
玄関から入った氣が、スピードをあげてリビングに入り
リビングが居心地悪く感じます。

以下の図は、引き戸の開け方を変えるだけで、
玄関からリビングへの氣の流れを穏やかにし、
リビングを居心地よい空間に改善した事例です。

氣の流れを見ることができるだけで、
コストをかけなくても、心地よい空間を作る方法は
たくさんあります。

水の流れの原理原則を理解すると
住宅の心地よさをつくるだけでなく、
お金のエネルギーの流れなど
様々な分野に応用ができます。

玄関の具体的な風水の実践法は、
新聞記事をご覧くださいね。

あなたの家の琉球風水がセルフチェックできる 

『琉球風水セルフチェックシート』期間限定プレゼント中!

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/