写真:沖縄タイムス副読紙「タイムス住宅新聞」2014年4月18日掲載紙面

あなたの家を幸運を引き寄せるパワースポットに

「パワースポット」とは、感覚的な概念ではありません。最高に心地いい空間を再現性高く作るための方法が、きちんと存在します。

こんにちは。琉球風水師の東道里璃です。沖縄の大手メディアの新聞コラムでも書かせていただいたコンテンツに、さらに詳しい解説を添えてお届けします。

この記事では、そもそも本場中国から伝わる風水思想とは一体どういうものなのかを知ることにより、「パワースポットととはどのようにつくられるのか」その考え方をお伝えします。基本的な考え方を理解することで、あなたの家に幸運を呼び込むためのヒントを得ることができるでしょう。

場の力で人生に追い風を吹かせる

あなたの家は、あなたの手でパワースポットにすることができます。最高に居心地のいい空間で過ごすことができれば、場の力により、あなたの人生に追い風を吹かせることができます。

あなたがパワースポットをつくることができる理由。それは、風水の考え方の中に、すでに再現性の高い方法が存在するからです。本場中国から風水が伝わり、国家政策として風水を取り入れてきた琉球風水の歴史と事例から、パワースポットの作り方をご紹介します。

沖縄への風水の伝来は、14世紀頃。中国より伝わってきましたが、中国の風水術をそのまま取り入れるのではなく、沖縄独自の発展を遂げています。なぜならば、風水は自然と人が調和して共存することを目的としているからです。「自然との調和」という思想の軸は中国も琉球も同じです。しかし、中国の気候と沖縄の気候は大きく違いますので、風水の本質を沖縄の気候にカスタマイズして取り入れていく必要がありました。

琉球風水のキーワードは「氣の流れを整える」と「抱護」(ほうご)です。そして、抱護によって守られた、良いの氣のとどまる場所が「パワースポット」です。

王朝時代の川の治水事業や農地の排水溝整備では、風水の考え方をいかして、水の氣の流れを整えています。そして、王朝時代の文献では、良い氣が風に散らされず、また、洩れ出ないよう、山々や木々が包み込むように、その土地を抱いているような状態を「抱護」と表現し、抱護の状態が良い所を「吉なる土地」(=パワースポット)として大切に守りました。抱護の形とは、氣を留めるための風水の四神相応(しじんそうおう)の地形に一致します。抱護が欠け、氣が洩れ出るところは植林によって補い、良い氣を守りました。

沖縄は、冬に北側から吹く季節風と、夏場の台風による東風の影響が大きいため、四神相応の概念も、「風害」に対応できるようアレンジされました。一般的な日本の風水のイメージと比べると、琉球風水は、現実に即し、機能的です。電気、ガス、水道などのライフラインがない時代に、人々が安心安全な環境で暮らしていくために、風水の考え方が、実用的な技術としていかされていたのです。

また、風害に強いなどの機能性と共に、景観としても美しいことからデザイン性も高いのが琉球風水の特徴です。風水の良い場所は国が守っていました。言い換えれば、現在の風致地区であり、また、豊かな自然は様々な生物の生きる場所を維持する役割もありました。

氣を守る樹木は、100年後の未来の人口増加に備え、住宅を建てるための木材として使われるなど実用的な一面をもちます。その上、木々によって抱き守られるという状態は、私たち人間にとって感覚的な心地よさを生み出します。

あなたが幸せになる空間をつくるために大切なこと

現代の沖縄では、台風に強いコンクリート住宅が主流となり、電気が当たり前にある生活では、室温の調整も簡単にできるようになりました。風水の機能性や実用性のメリットだけに着目すれば、現代の技術の方が優れている点もたくさんあります。

しかし、風水が大切にしているのは、「自然との調和」です。自然と共に過ごし、五感で自然を感じることで、そこに美しさを見出し、心地よさを感じることにつながります。風水を取り入れて、氣の流れを整え、守られた空間で過ごすことは、「心地が良い」「守られている」という感覚を得ることができる、一つの理由になるのかもしれません。

心地よい空間で私たちの脳はどうなるのでしょうか?脳が「快」の感情になれば、脳幹から幸福ホルモンが分泌されます。良い氣の流れる環境というのは、科学的に私たちを幸せにしてくれるのです。パワースポットの考え方を住まいに取り入れることで、あなたが幸せになる理由が科学的にも証明できるのです。

風水の本質的な考え方を理解できると、置物などのテクニックに振り回されることがなくなります。表面的なノウハウ風水を知っただけで終わってしまうのか。それとも、生き方の軸となる知的財産としての風水を日常生活にいかすことができるのか。風水の存在がどちらになるかは、あなたの学び方次第です。心地よい氣の流れを描く原理原則は非常にシンプル。風水をあなたの知的財産にしたいと思われた方は、このサイトで琉球風水の考え方に基いた現代住宅の整え方をお伝えしていますので、あなたの人生を豊かにするために是非お役立てください。

あなたが風水を実践する時は、常に現場に立って、その場の氣を感じて判断して下さい。住宅に心を傾け、そこに住むあなたとご家族の心が、美しく豊かになる空間をつくるために、琉球風水を利用していただければと思います。

琉球風水に興味をお持ちくださった方は、是非、このコラムの続きもお楽しみください。住まいの全空間の風水の整え方について解説しています。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。