ロンジェ琉球風水アカデミー
学長の横川明子です。

毎日の食事を楽しみ、
家族の団らんの時間をゆったりとることができれば
幸福度があがりますよね。

食事がおいしく、家族がゆったりと笑顔で過ごすことのできる
ダイニングの風水。
黄色と赤のコーディネート例をご紹介します。

暖色系でコーディネート

ダイニングは、家族やお客様が集まる
パブリック空間です。
暖色系や明るい色、鮮やかな色、華やかな柄など、
陽のエネルギーと相性が良いです。

そして、食事をする場所ですので、
健康的に食欲が増すという意味でも
赤、オレンジ、黄色などの暖色と相性が良いですね。

ダイニングのインテリアが寒色系の場合は、
テーブルセンターやダイニングシートクッションなどの
アクセントだけでも暖色をいれるとどうなるか
イメージしてみてください。

暖色系のインテリアの場合は、
テーマカラーで使われている色に合わせて、
テーブル周りのファブリックや小物を選ぶと
統一感が生まれて、より美しく機能的になると思います。

こちらの写真は、コンドミニアムホテルをロンジェの琉球風水でプロデュースした
赤と黄色のファブリックとテーブルコーディネートです。

テーブルコーディネートは、
フラワーアーティストの宮平亜矢子さんに
お願いいたしました。

黄色のテーブルコーディネート

背景に見える、黄色い水玉のアクセントクロス(壁紙)と
テーブルコーディネートが調和しているのが、わかりますよね。

インテリアのテーマはレトロポップ。

食器に丸い形を選び、テーブル上のランチョンマットの色が
きれいにコーディネートされています。

赤のテーブルコーディネート

テーブルのナフキンの赤の色味は、
壁紙の赤のトーンと合っていますね。

また、全体の部屋のテーマがアジアンリゾートなので、
ナフキンリングは木製のアジアンな雰囲気で、
デザインもクッションの柄と調和しています。

テーブルフラワーもアジアンな雰囲気が出ています。

テーブルコーディネートは、インテリアの仕上げの
一番最後の段階で行います.

亜矢子さんのテーブルコーディネートは、
インテリアのコンセプトをしっかりとヒアリングした上で、
インテリアの色や柄をテーブルコーディネートに取り入れ
見事に調和させてくださり、私も驚きました。

新型コロナウィルスの影響で、
家にいる時間が長くなりましたね。

こういう時は、家の中を美しく心地よくして、
暮らしを豊かにすることに、時間を使ってみてはいかがでしょうか。
家族との関係性も良くなります。

この他、ダイニングルームの基本的な風水の実践法は、
新聞記事をご覧ください。

あなたの家の琉球風水がセルフチェックできる 

『琉球風水セルフチェックシート』期間限定プレゼント中!

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。