ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

2012年8月、沖縄タイムス副読紙のタイムス住宅新聞に掲載された、インタビュー記事をご紹介します。

このブログを書いているは、2019年2月ですので、今から7年以上前の新聞記事です。この時、沖縄で新聞掲載されたのが、初めてのことでした。2012年の3月に、沖縄の離島から沖縄本島の宜野湾市に引っ越しをしました。

離島で約1年間、敷地面積200坪、築180年の琉球民家で、生活をしました。そして、宜野湾市では、ほぼ新築の琉球風水設計住宅に住むご縁をいただきました。

王朝時代の風水師によって設計された風水集落の琉球民家での生活と、宜野湾市の琉球風水設計の住宅で暮らしが、私の琉球風水のバックグラウンドです。

この取材のきっかけは、2012年10月から、タイムス住宅新聞で、連載コラムがスタートすることが決まったことにありました。

当時、沖縄本島には、親戚も、知人、友人も誰一人いない中で生活をスタートしましたが、離島生活時に書いていた、天然アロマを使ったハウスキーピングのブログが、新聞編集者の目にとまり、新聞コラムの連載へと導かれていきました。

初めは、アロマハウスキーピングのコラムで執筆依頼が入ったのですが、ちょうどその時に、琉球風水スクール「アムリタ」のスタートとも重なって、琉球風水の基礎を書いたアムリタのテキストができあがりつつありました。

「アロマと琉球風水の両方書かせてほしい」と編集者にお願いし、私の初新聞コラム「アロマと琉球風水ですっきり」が2012年10月からスタートしました。

このコラムは、最初は1面の25%程度の小さな記事で6か月の連載の予定でした。しかし、コンテンツが大量にあり、、コラムが前に進まないために、翌年の2013年4月から紙面が3倍に拡大して、1年6か月の連載となりました。

そして、コラム執筆スタートの翌年には、沖縄県最大の住関連イベントトータルリビングショウで講演をさせていただくこととなりました。

タイムス住宅新聞では、今も毎年、年末年始には琉球風水のスペシャルコンテンツを執筆させていただき、この記事をきっかけに長いお付き合いをさせていただいております。

私のブログを見つけていただいた編集者の方や、その後、お付き合いを続けてくださっているスタッフの皆さまには、感謝の気持ちでいっぱいです。今後とも、良いご縁でつながり、読者の皆さまへ、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/