ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

2012年8月、沖縄タイムス副読紙のタイムス住宅新聞に掲載された、インタビュー記事をご紹介します。

このブログを書いているは、2019年2月ですので、今から7年以上前の新聞記事です。この時、沖縄で新聞掲載されたのが、初めてのことでした。2012年の3月に、沖縄の離島から沖縄本島の宜野湾市に引っ越しをしました。

離島で約1年間、敷地面積200坪、築180年の琉球民家で、生活をしました。そして、宜野湾市では、ほぼ新築の琉球風水設計住宅に住むご縁をいただきました。

王朝時代の風水師によって設計された風水集落の琉球民家での生活と、宜野湾市の琉球風水設計の住宅で暮らしが、私の琉球風水のバックグラウンドです。

この取材のきっかけは、2012年10月から、タイムス住宅新聞で、連載コラムがスタートすることが決まったことにありました。

当時、沖縄本島には、親戚も、知人、友人も誰一人いない中で生活をスタートしましたが、離島生活時に書いていた、天然アロマを使ったハウスキーピングのブログが、新聞編集者の目にとまり、新聞コラムの連載へと導かれていきました。

初めは、アロマハウスキーピングのコラムで執筆依頼が入ったのですが、ちょうどその時に、琉球風水スクール「アムリタ」のスタートとも重なって、琉球風水の基礎を書いたアムリタのテキストができあがりつつありました。

「アロマと琉球風水の両方書かせてほしい」と編集者にお願いし、私の初新聞コラム「アロマと琉球風水ですっきり」が2012年10月からスタートしました。

このコラムは、最初は1面の25%程度の小さな記事で6か月の連載の予定でした。しかし、コンテンツが大量にあり、、コラムが前に進まないために、翌年の2013年4月から紙面が3倍に拡大して、1年6か月の連載となりました。

そして、コラム執筆スタートの翌年には、沖縄県最大の住関連イベントトータルリビングショウで講演をさせていただくこととなりました。

タイムス住宅新聞では、今も毎年、年末年始には琉球風水のスペシャルコンテンツを執筆させていただき、この記事をきっかけに長いお付き合いをさせていただいております。

私のブログを見つけていただいた編集者の方や、その後、お付き合いを続けてくださっているスタッフの皆さまには、感謝の気持ちでいっぱいです。今後とも、良いご縁でつながり、読者の皆さまへ、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。