ロンジェ琉球風水アカデミー
学長の横川明子です。

昨日、「なぜ世界のエリートは美意識を鍛えるのか?」(山口周著)
という本を読みました。

MBAの出願者が減る一方で、海外のグローバル企業が
美術系の大学院に、幹部候補を送り込んでいるという時代背景があります。

論理的思考に偏った意思決定のスタイルでは、
ビジネスの舵がとれなくなってきている。

ビジネスリーダーには、サイエンスに縛られない発想によるビジョンから、
新しい世界観にたどり着く必要があるため、
自分の中に培う美意識を鍛えることが大切、ということが書かれています。

決して論理性を否定しているわけではなく、
アートと論理性のバランスの大切さが語られています。

物事の因果関係から理詰めで答えを求めていくアプローチには限界があり、
直感的に捉えた世界観を元に、試行錯誤しながら論理的な解説を加えていくことが、
新しい価値を生み出していくことができるといいます。

私も大学院で研究をしていた時、
科学の限界を感じました。
世の中には、論理性で白黒つけられる問題など、実はほとんどないんです。

風水に出会い、氣の変化を体感したとき、
科学では永遠に説明できないかもしれないけど、
直感的にはYesという感覚で、風水の研究を始めました。

琉球風水は、研究者の論文の中でも、実学であり美学と表現されていますが、
まさに、琉球風水による住宅の間取り設計や、インテリアのデザインは、
直感で描いた世界観をもとにプランをつくり、
風水理論をもって、プランの概要をクライアントに説明するということが
現場で行われています。

一般書の風水書籍では、方角に固定したラッキーカラーや形があって、
答えが決まっているように思っている方もいらっしゃるかもしれません。

そういった書籍がベストセラーになるのは、
○×の評価や偏差値で人を評価する日本の教育システムになじんだ人には
わかりやすいからです。

本物の風水というのは、実学であり、美学ですので、
安心安全な環境をつくるための再現性のある理論的な側面と、
見る人の価値観によって判断が異なるという芸術的な側面の両面を持っています。

風水のフィルターを通して世界を見ると、常に答えのない問いを哲学的に考えるので、
いつのまにか、美意識を鍛える習慣がついています。

すると、考え方やモノの見方に変化が起き、
結果的に人生に変化にもたらします。

新しい世界観にたどり着き、
変化にとんだ人生を楽しむには、アートと論理性を融合できるよう
美意識を鍛えることを意識していきたいですね。

 

美しい心、美しい空間、美しい人生が手に入る

無料動画レッスン&e-book「風水空間デザインの教科書」プレゼント中!

【下のバナーをクリック!】

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。