ロンジェ風水アカデミー、学長の東道里璃です。

新築の間取りを設計するゼロから1の図面を描く時、心地よい快適な家をつくるために絶対的に有効な風水の考え方があります。

それは、住宅の「陰陽バランス」を取ることです。

陰陽説というのは、古代中国哲学の根底にある思想で、その歴史は3000年とも4000年ともいわれています。しかし、最近、電磁波のリサーチをしていたら、12000年前に日本で栄えた高度な文明であるカタカムナでも、陰陽太極図が存在したようです。

私は、風水術の中でも、とりわけ陰陽バランスの調整術を好んで使っています。使えば使うほど、その奥深さに引き込まれていきますが、それは、宇宙の真理を表しているからなのでしょうね。

今日は、この陰陽バランスの調整術を、ゼロから1の図面を描く時に取り入れる方法をお話しします。

◆過ごしたい感情を陰陽に分け、調和をとる

陰陽説はとてもシンプルな理論なので、使い方もシンプルです。太陽光の性質や、住宅の機能など、さまざまな要素を陰陽に分けて考え、その組み合わせにより、バランスを調整します。

一つ例に挙げると、住宅の空間をパブリック空間とプライベート空間に性質を分け、きれいに二つに分かれるようにゾーニングしていくと、心地よい間取りが出来上がります。パブリック空間とプライベート空間を図面上で色分けした時に、パブリックゾーンに中に、飛び石のようにプライベート空間が入り込んでいるような間取りは、家族のプライベートが守られないため住み心地が悪くなります。

この典型的な例は、玄関の近くに水回りがあること。玄関からLDに入る動線上に、トイレや浴室、寝室などがあるケースです。スペース的に、玄関の近くにしか水回りを配置できなくても、水回りの入り口を奥まったところすれば、プライベートは守られます。

住宅には、家族やお客様が集まり活気のあるエネルギーを必要とする空間と、一人一人が心穏やかに過ごすエネルギーを必要とする空間の、2種類の性質があります。このように、その空間で過ごしたい感情を陰と陽に分類し、調和が取れるように間取りをデザインするのが、風水空間デザインです。

陰陽説に代表されるように、自然界の原理原則はとてもシンプルです。しかし、実践レベルで機能的に活用できるようになるには、トレーニングが必要です。とても奥深いものですが、スポーツと同じく練習すればするほど上手くなります。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。