ロンジェ風水アカデミー、学長の東道里璃です。

今日は、風水空間デザイン™️について寄せられたご質問にお答えしたいと思います。

Q:建築士が風水空間デザインを学ぶメリットはなんでしょうか?

A:風水鑑定法報告書という成果物を、制作できるようになることです。設計プランが見える化・言語化されるので、説得力のある提案ができるようになります。


風水の本に書いてあることを一つでも図面に入れて、「風水に配慮しました」と言えば、風水設計かもしれません。しかし、気をつけて下さい。

これからお伝えするのは以前、本当にあったお話です。

私のもとに、「風水を見て欲しい」と依頼がありました。

「建築確認申請後に、風水の本を読んだら風水の悪い間取りだった。建築士に『風水を良くして欲しい』と頼んだのに、なんでこんなことになってしまったんだ」と、大変お怒りの様子でご連絡をいただきました。

この案件の鑑定は控えさせていただきましたが、その方は、「風水を良くするために、全て間取りを変更したい」とおっしゃっていました。

◆「どれだけ風水が良いか」を見える化、言語化できる

風水空間デザイン™️を学ぶ一番のメリットは、従来の建築設計の考え方には存在しない、心地良い氣の流れを描く設計プランの作成ができることです。

しかし、氣の流れは目には見えないため、「どれだけ風水がよいのか」を図面を見ただけではわからないのが現実です。

「伝えたいことが見える化でき、論理的に説明できるツール」となるのが風水鑑定報告書です。新築で、すべての風水鑑定資料を合わせると30枚~50枚ほどになりますが、お客様にとっては、オリジナルにカスタマイズされた満足感があります。

風水鑑定報告書は、図面を制作するプロセスを、視覚化・言語化するだけのことです。でも、風水の本を読んだだけでは、成果物として説得力のある風水鑑定報告書を、書き上げることは難しいでしょう。

風水も流派によって考え方が違います。建築士が読んだ本と、施主様が読んだ本では、それぞれ別のことが書いてあるかもしれません。

その時に大切なことは、どちらが正しいとか間違っているとかの議論ではなく、その提案の根底にある考え方まで、自信をもって言葉にできるかどうかです。

成果物として、説得力のある風水鑑定報告書を書くことができ、その根底にある考え方の軸までも、自分の中に定めることができること。

これが、風水空間デザイン™️を基礎から学ぶ、一番のメリットです。

今日のお話は、先日、風水空間デザイナー®︎の資格試験でプレゼンテーションをしてくださった、一級建築士の受講生の方のご意見からヒントをいただき、書かせていただきました。現場の生の声は本当に有難く、貴重なご意見を業務にいかせるよう努めたいと思います。

誰もが当たり前に、氣の流れのよい家が手に入る世界を目指して。

そして、氣の流れのよい家を設計する建築士のみなさまが、心地良く、楽しく仕事ができるように。

ロンジェ®︎が少しでもお役に立てますと幸いです。

 

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。