ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

2015年2月、当時は首里城の未公開区域となっていた、正殿の後ろ側にある、首里城の最高標高地点、東のアザナ(標高142m)を見学しました。

風水の視点から首里城を見るとき、やはり360度からその風景を眺めたいと思うのですが、特に正殿の後ろ側の風景がどうなっているかというのは、とても興味がありました。東のアザナからの景色を拝めことは、私にとっては、最高の刺激となりました。

風水では、龍穴を守るために四方に霊獣がいることを「四神相応」と呼びますが、正殿裏の東のアザナからは、正殿の背後に位置する首里城の玄武、弁ヶ嶽をはっきりみることができます。上の写真では、私の左側にある山です。

正殿の真裏から見た弁ヶ嶽

首里城の背中、つまり正殿の座山の延長線上から弁ヶ嶽を見たことで、玄武をどこにみたかの確認ができます。そして、首里城を抱くにようにまもる地勢がどうなっているのかを、確かめることができます。

弁ヶ嶽は、首里城正殿の真後ろにありました。一方、気になったのは、琉球にとっての聖地である、久高島と斎場御嶽の位置です。東のアザナに立って、首里城正殿を背中にすると、正面には弁ヶ嶽、少し右に久高島、さらに少し右に斎場御嶽があります。

東のアザナから見る久高島

煙突の右側の窪みの部分、海の上に浮かぶ久高島を拝むことができます。斎場御嶽は、久高島の右に見える半島の向こう側にあり、首里城からは見ることはできません。

羅盤で見てみると、「久高島は、首里城から見てギリギリ東の方角にあるけれど、斎場御嶽は南東に位置するかもしれない。」そんな印象でした。

google earthをプリントして、羅盤を当ててみると、首里城からみて、久高島は東、斎場御嶽は南東に入っていました。

首里城から見た冬至の日の出が重視されていたことから、那覇の冬至の日の出の角度を調べてみると、116度という数値が出てきました。首里城は、二十四方位では卯山ですので、東に背中にして、西を向いています。

首里城の真北を0度とすると、弁ヶ嶽が約90度の方位、つまり真東にあり、久高島は100~110度くらい(やや南寄りの東)、そして斎場御嶽は、115度くらい(南東)の位置にあります。そして、那覇の冬至の日の出の角度は116度ですので、冬至の日は、斎場御嶽のあたりから太陽が上がってくるのが、見えたと思います。

こうした小さな発見からも、琉球風水は、中国から伝わってきた風水をそのまま当てはめたのではなく、沖縄の自然観、首里城の立地や聖地の位置、太陽信仰など、様々な要素を融合し、カスタマイズされていたのではと、感じます。

風水理論の考え方というのは、自然を観察することから生まれてきたものであり、八卦の象意などは、中国の風土を基準にした自然観が、たっぷりこめられています。

琉球王国は、福建省に留学生を送り、本場の風水を学ばせてきていますが、琉球独自にローカライズしている点が多々あります。

本場の風水を学び、しかし、琉球独自の形が造られたのは、本場の風水理論が絶対的であるという形にとらわれることなく、「風水は自然との調和である」という本質を、しっかり理解していたことに他ならないことの表れだと思います。

中国の自然観と、琉球の自然観が異なるのは、当然のことです。

沖縄で風水を実践するとき、「風水の本に書いてあるから」「本場ではこうらしいから」「本土の風水師がこういっているから」という理由で、そのまま真似をしてみても、歯が立たなかったわけですが、それは、当然のことなのだと、改めて実感いたしました。

東のアザナから見た正殿の古写真

現在の東のアザナから見た正殿

首里城正殿、後ろ姿も美しいですね。

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/