【写真:世誇殿の前にて】

ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

首里城正殿の後ろ側、大奥にあたる御内原見学へ行ってきました。

正式な開園は2019年2月1日ですが、1月28日から31日まで、開園を記念して無料開放がありました。

工事中から、建築現場の見学に何度も足を運んでいたので、いったいどんな風にできあがったのか、とても楽しみでした。

御内原は、国王の家族と、女官たちの生活していた場所。プライベートな空間であるために、当時の様子を知る資料は大変すくなく、建物の中の様子が復元されている建築物はありません。建物の外観の復元により、正殿の後ろの空間に、どんな建物がどんな配置で存在したのか、往時の雰囲気を味わうことができます。

構成としては、正殿の後ろに儀式の行われる広場、後之御庭(くしぬうなー)があります。この後之御庭を正殿を含めて、4棟の建物が四方を取り囲んでいます。正殿の後ろにある建物が世誇殿(よほこりでん)。世誇殿の左手に、御内原の台所であった寄満(ゆいんち)。世誇殿の右前に、女官たちの住んでいた女官居室があります。

世誇殿

世誇殿です。通常は、王女の住んでいた場所。国王なき後に、世子(王子)を新しい国王とするため儀式が行われた場所でもあります。

世誇殿(室内)

飲食はできませんが、休憩所となっています。ヒノキの良い香りが漂っています。

寄満(ゆいんち)

女官居室

当時、女官たちは100人近くいたと伝えられています。半分は地方の美しさを見初められた女性たち。半分は、首里の士族の娘たちが、通いでここ御内原に働いていたそうです。

金蔵(かねぐら)

世誇殿の後ろに、このようなスペースがあります。王家の宝物が保管されていた、金蔵のあった跡です。ただ、資料がないためスペースだけがつくられています。

湯屋

こちらは、女官たちの入浴施設。ここには、建物があったそうで、入浴といっても、湯気を利用していたそうです。この近くから燃やした炭が大量に発見されているそうです。四角形の窪みの内側が防水加工がされており、水を入れたり、湯をわかしていた可能性が高いと考えられています。

これらの奥にある、寝廟殿や東のアザナについては、明日のブログでご紹介します。

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/