首里城御内原OPEN記念

2019年2月1日、首里城公園の正殿の裏側、御内原エリアが公開されます。

2015年から2016年にかけて、工事中の御内原の見学ツアーが、首里城公園で毎月開催されていました。

御内原の本格的OPENを前に、工事中の写真をご紹介したいと思います。

今回は、御内原のある御嶽を4か所をご紹介したいと思います。

十嶽古絵図

首里城の城郭内には、十嶽(とたけ)と呼ばれる10か所の御嶽があります。奉神門の斜め前にある首里森御嶽、京の内の4御嶽、黄金御殿の後ろにある、かわるめ御嶽、そして、今回ご紹介する4つの御嶽のことです。

北城郭東地区の二つの御嶽

ここは、首里城正殿の斜め左後ろのエリア。このエリアは、2017年3月31日に開園しています。御嶽が二箇所あったと伝えられていますが、場所は定かではないそうです。

女官たちが休憩に使っていた伝えられる洞窟です。拝所でもあった可能性があるとのこと。見学した時は、光のシャワーが降りていました。 写真左てに木が生えており、この木の根元から銭が発見されたそうで、御嶽であった可能性があると言われています。

寝廟殿前の御嶽 うちあがりの御嶽

王の崩御の際に数日間遺体が安置されたと言われている寝廟殿(しんびょうでん)がこの奥にあります。右手に見えるのが、寝廟殿に入るための白銀門(はくぎんもん)です。白銀門の斜め右前に、うちあがりの御嶽があります。この時(2015年2月)の時点では、工事作業を行うためのプレハブがあり、このプレハブの後ろ側にうちあがりの御嶽があります。

美福門と神明森の御嶽

この階段を上ると、御内原から南側に出るための美福門があった場所です。この階段で、継世門とつながっています。 美福門の斜めにある押明森の御嶽。金貨が発掘されたことで、当時ニュースにもなりました。

御内原エリアの、4つの御嶽をご紹介しました。2019年2月1日の御内原のOPENで、うちあがりの御嶽、押明森の御嶽が見られるようになります。

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。