首里城御内原OPEN記念

2019年2月1日、首里城公園の正殿の裏側、御内原エリアが公開されます。

2015年から2016年にかけて、工事中の御内原の見学ツアーが、首里城公園で毎月開催されていました。

御内原の本格的OPENを前に、工事中の写真をご紹介したいと思います。

今回は、御内原のある御嶽を4か所をご紹介したいと思います。

十嶽古絵図

首里城の城郭内には、十嶽(とたけ)と呼ばれる10か所の御嶽があります。奉神門の斜め前にある首里森御嶽、京の内の4御嶽、黄金御殿の後ろにある、かわるめ御嶽、そして、今回ご紹介する4つの御嶽のことです。

北城郭東地区の二つの御嶽

ここは、首里城正殿の斜め左後ろのエリア。このエリアは、2017年3月31日に開園しています。御嶽が二箇所あったと伝えられていますが、場所は定かではないそうです。

女官たちが休憩に使っていた伝えられる洞窟です。拝所でもあった可能性があるとのこと。見学した時は、光のシャワーが降りていました。 写真左てに木が生えており、この木の根元から銭が発見されたそうで、御嶽であった可能性があると言われています。

寝廟殿前の御嶽 うちあがりの御嶽

王の崩御の際に数日間遺体が安置されたと言われている寝廟殿(しんびょうでん)がこの奥にあります。右手に見えるのが、寝廟殿に入るための白銀門(はくぎんもん)です。白銀門の斜め右前に、うちあがりの御嶽があります。この時(2015年2月)の時点では、工事作業を行うためのプレハブがあり、このプレハブの後ろ側にうちあがりの御嶽があります。

美福門と神明森の御嶽

この階段を上ると、御内原から南側に出るための美福門があった場所です。この階段で、継世門とつながっています。 美福門の斜めにある押明森の御嶽。金貨が発掘されたことで、当時ニュースにもなりました。

御内原エリアの、4つの御嶽をご紹介しました。2019年2月1日の御内原のOPENで、うちあがりの御嶽、押明森の御嶽が見られるようになります。

The following two tabs change content below.
暮らしの質を向上させ、幸福な人生をデザインする、ロンジェ琉球風水アカデミー学長。 『自然の美しさに、癒される暮らし』をコンセプトに、空間をデザインする。沖縄の伝統風水のエッセンスを現代に生かし、一人一人が暮らしと空間の質を、自分で高めることができることをゴールに、個別指導を行っている。 動画やオンライン会議システムを使い、全国、全世界に対応。 ロンジェ琉球風水アカデミーのサイトにて、無料の動画レッスンと【e-book】「風水空間デザイン」の教科書プレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/freelesson/

最新記事 by 横川 明子 (全て見る)