【写真:東のアザナから見た御内原】

ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

2019年2月1日の首里城御内原の供用開始を前に、4日間のプレオープン期間があり、御内原が無料開放。

プレオープン初日、1月28日の御内原を紹介します。

前回(昨日付け)の記事では、後之御庭と、後之御庭の四方を取り囲む、世誇殿、寄満、女官居室。そして、湯屋をご紹介しました。今日は、世誇殿のさらに東側の奥にある、寝廟殿や、御内原ノマモノ内ノ御嶽、東のアザナをご紹介いたします。

寝廟殿(しんびょうでん)

寝廟殿とは、国王がなくなられた後に、約2週間ほど亡骸が安置された場所。建物の詳細はわからないため、空間だけが作られています。

御内原ノマモノ内ノ御嶽(2019年)

寝廟殿の前にある御嶽です。ガイドの方のお話では、首里城内でも、最も重要な御嶽の一つとのことでした。首里城内でも、もっとも奥まった根っこにある御嶽です。

御内原ノマモノ内ノ御嶽(2018年)

こちらの写真は、まだ御内原が工事中の2018年に撮影した写真です。中の植栽が大きくなっているのがわかります。御嶽が復元される際は、首里城はこのように、小さな苗木からスタートするのですが、場の氣が豊かなため、数年もすると、木々が豊かに成長して、うっそうとした森になります。今後の変化が楽しみです。

東(アガリ)のアザナ

寝廟殿の背後にあるのは、見晴台である東のアザナ。首里城最高標高地点140mのところにあります。正面に見えるのは、首里城正殿の後ろ姿。御内原の全体を見ることができます。西(イリ)のアザナよりも、さらに見通しが良く。首里城の周り360度を見渡すことができます。海の様子も良く見えて、船が琉球に入ってくるのがわかります。首里城の立地は、防衛の意味も色濃いとガイドの方がおっしゃっていました。

そして、東のアザナには、鐘があったそうです。時計の機能をもつ、漏刻門と日影内のところから、正午になると東のアザナへ合図があり、時刻を告げる鐘を鳴らしていたそうです。

東のアザナから見た首里城の玄武、弁ヶ嶽。正殿の真後ろに控え、ここから良い氣が首里城に流れ、首里城を護っています。

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/