首里城正殿の後ろ側の世界

ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

2015年から2016年にかけて、首里城の奥の空間、御内原の工事現場の見学ツアーに10回以上参加してきました。

正殿の後ろ側にある、世誇殿(よほこりでん)の工事の進行プロセスを見ながら、首里城の奥の世界を見ていきましょう。

完成予想図

この正殿後ろ側の未公開区域に初めて入ったときに驚いたのは、正殿の後ろ側の区域も、建物によって四方が囲われた広場のような平らな空間があったということです。ここは、後之御庭(くしぬうなー)と呼ばれ、聞得大君を中心として、祭祀儀礼がおこなわれていたようです。

私が思わず興味をもったのは、その儀礼は、どちらを向いて行われていたのだろうかということです。本殿の後ろ側を向いていたのか。それとも、弁ヶ嶽、久高島のある東側の世誇殿側を向いて行われたのだろうか。

首里城公園の方に質問してみましたが、「記録がないので、詳しくはわからない」とのことでしたが、祭祀の種類によって、別の方向を向いていた可能性もあるとのことで、実に興味深い空間ですね。

正殿の後ろ側から

世誇殿の建築が始まる前の風景です。

世誇殿の基礎工事

いよいよ工事が始まりました。

世誇殿とは、国王がなくなり、次期国王の即位の礼が行われた場所です。

ヘルメットをかぶって見学

世誇殿の建設現場へは、ヘルメット着用で見学しました。

屋根の作業

漆喰

 

女官居室

女官居室に関してはほとんど資料がなく、本来なら復元対象ではなかったそうですが、四方に囲まれた後之御庭(くしのうなー)を再現するための、建物が必要なので建築されたそうです。女官居室中のことはわからないため、イベントの衣装や小道具などをおくための倉庫に使用すると、関係者の方が話していました。

聞得大君を中心とした神女の儀式や、女官の暮らしぶりなど、奥の女性たちの世界については、記録がほとんどなく、秘めごとの多い世界ですね。

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/