首里城御内原 OPEN記念

ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

2019年2月1日の御内原のオープンを前に、2015年~2016年にかけて行われた、当時未公開区域であった御内原(おうちばら)エリアの工事現場見学ツアーの時に撮影した写真をご紹介します。寝廟殿、白銀門、うちあがりの御嶽などの写真をご案内いたします。

首里城正殿の後ろ側にある空間、御内原。この御内原エリアの一番奥にあった建物が寝廟殿(しんびょうでん)です。その寝廟殿に入る専用の門があり、また、門の前には御嶽もありました。

白銀門

寝廟殿に入る門の白銀門です。

うちあがりの御嶽(2015年)

2015年2月の時点では、白銀門の斜め左前にプレハブがあり、その後ろ側に御嶽が再現される予定でした。

うちあがりの御嶽(2016年)

復元されたうちあがりの御嶽です。首里城の御嶽はどこもそうですが、復元された当初は、小さな木が植えられます。しかし、土地のエネルギーが高いためか、その後、植物はぐんぐん成長します。この写真は2016年のものですが、御内原が開園する2019年に、どれだけ大きくなっているか、楽しみです。

寝廟殿跡

白銀門を入ると、寝廟殿があった跡地があります。建物は情報がないため、復元されていません。国王がなくなったあと、ここに数日間、安置されたそうです。その時の開設では、確か、5日間か、7日間という奇数で、なぜその数字なのかはわからないとのことでした。首里城の一番奥の空間で、集落でいえば、御嶽や根屋がある場所です。つまり、最も格式の高い、神聖な場所で、そういった空気感を、いまも感じることができる場所でした。

寝廟殿跡から東のアザナへ行く通路

寝廟殿から、東のアザナへ行くことができる通路があります。この門をくぐって、左に曲がると階段があり、首里城の最高標高地点となる見晴台へアクセスすることができます。

東のアザナ

標高140m。真後ろの玄武となる弁ヶ嶽が見えます。沖縄随一の絶景スポットでもありますので、是非、足を運んでみてくださいね。

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/