2019年2月1日 首里城御内原OPEN記念!

ロンジェ琉球風水アカデミー、学長の横川明子です。

御内原の開園を前に、2015年に見学した、御内原の復元工事中の写真をご紹介します。

今回は、御内原の南側の門、美福門(びふくもん)と継世門、そして、美福門の前にある神明森の御嶽のご案内です。

首里城の城郭は、内郭と外郭があります。内郭の方が先にできて、その後、15世紀~16世紀ごろに、倭寇などの外的からの攻撃を防御するために、外郭がつくられたと伝えられています。

美福門は、首里城の御内原から南側、首里赤田方面出る内郭の門です。

美福門

2015年の御内原見学会では、この階段を上ったところに、美福門が復元されるとのことでした。この階段を下ると、外郭の門である継世門へとつながります。

継世門

この継世門を抜けると、首里赤田地区につながります。赤田地区は、みるく神をお迎えする伝統行事、赤田のみるくウンケーが、毎年旧暦7月16日に行われている首里の城下町。赤田地区にある赤田クラブ(公民館)は、首里大阿母志良礼が居住した首里殿内があった場所です。

琉球王国の最高神女、聞得大君の下には、3人の神女「大阿母志良礼(ウフアムシラレ)」が置かれたと伝えられています。首里、真壁、儀保の三か所に置かれ、現在の赤田クラブに、首里殿内がありました。

3年一度、国王は聞得大君を従え、首里殿内で豊作を祈願したそうです。御内原から、美福門、継世門を通り、達磨寺の前を通って赤田クラブに行くルートは、国王や聞得大君が参拝するために歩いたルート。そう考えると、歴史を感じるながら歩く道は、心も踊りますね。

ノロのかんざし、勾玉、神扇

こちらは真壁殿内跡の近くにある首里琉染さんの二階に展示されていたものです。美しい装身具ですね。

神明森の御嶽

御内原から美福門を出た左前に、神明森の御嶽があります。ここでは、発掘調査中に地中に埋められた金貨が出てきたことで、当時ニュースにもなりました。発掘された金貨の資料です。

斎場御嶽もそうですが、沖縄では、御嶽などの拝所で、奇数枚の金貨が埋められていることが良くあります。逆に、地中から金貨が見つかると、御嶽であったと推測できます。数字にも陰と陽があり、奇数は陽。縁起の良いものには、奇数が用いられてきました。例えば、大宜見大工は、階段の数も奇数にこだわってつくったと言われています。

首里城へ入る、南側ルートのオープン、楽しみですね。

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/