ロンジェ琉球風水アカデミー
学長の横川明子です。

◆今日の風水実践提案

【キッチン小物に美しさを】

美しい台所用のふきんを発見しました。
鳳凰の柄です。

正倉院宝物の紫地鳳形錦御軾
(むらさきじおおとりがたにしきのおんしょく)の
デザインを見本にしてつくられたそうです。

紫地鳳形錦御軾の布は、
奈良時代、聖武天皇の肘付きのカバーとして
使われていたそうです。

ふきんとしての機能も優れています。
綿で作られた蚊帳生地でできており、

蚊帳生地というのは、吸水性がよく毛羽立ちがなくて
食器を拭くのに適しています。

蚊帳生地は奈良県の特産だそうで、
蚊帳生地という特産品と正倉院宝物というアートのコラボレーション。
奈良県の会社ならではですね。

 

今回、この商品に出会う前に、ふきんについていろいろ調べました。
美しくて機能性の高いものは何かと。

マイクロファイバー、不織布(ふしょくふ)、
ドイツ生まれのスポンジワイプなどがありますが、
やはり、私は天然繊維が好きです。

蚊帳生地のふきんのメーカーは、日本にはたくさんあって、
素材も、綿、麻、レーヨンなどいろいろあります。

デザインもたくさんあるので、使い方に合わせて、
お氣に入りの一枚を選べます。

台所のふきんは、毎日使う消耗品。
よく考えることもなく、100円ショップなどで済ませてしまう方も多いと思います。

しかし、毎日使うものほど、
私たちの五感に与える影響が大きいものです。

美しく、手触りがよく、機能的であれば、
毎日の家事も快適で楽しくなり
脳が喜び、感情が安定します。

五感に影響を与える頻度の高いものは、
是非、こだわりもって、一つ一つ
上質なものを取り入れていきたいですね。

美しい心、美しい空間、美しい人生が手に入る

無料動画レッスン&e-book「風水空間デザインの教科書」プレゼント中!

【下のバナーをクリック!】

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 現在、琉球風水の建築・インテリア設計専門のオンラインスクール、ロンジェ琉球風水アカデミーの学長を務めています。建築・インテリアの専門家、住宅・不動産関連のお仕事をされいる方、新築の施主様など、自然を感じる美しく心地よい空間づくりを学び、実践することを目的としてコミュニティを運営しています。 ロンジェの琉球風水に興味をもたれた方は、まずは、新築住宅の風水設計がわかる無料WEBセミナーにご参加ください。