ロンジェ琉球風水アカデミー
学長の横川明子です。

◆今日の風水実践提案

【キッチン小物に美しさを】

美しい台所用のふきんを発見しました。
鳳凰の柄です。

正倉院宝物の紫地鳳形錦御軾
(むらさきじおおとりがたにしきのおんしょく)の
デザインを見本にしてつくられたそうです。

紫地鳳形錦御軾の布は、
奈良時代、聖武天皇の肘付きのカバーとして
使われていたそうです。

ふきんとしての機能も優れています。
綿で作られた蚊帳生地でできており、

蚊帳生地というのは、吸水性がよく毛羽立ちがなくて
食器を拭くのに適しています。

蚊帳生地は奈良県の特産だそうで、
蚊帳生地という特産品と正倉院宝物というアートのコラボレーション。
奈良県の会社ならではですね。

 

今回、この商品に出会う前に、ふきんについていろいろ調べました。
美しくて機能性の高いものは何かと。

マイクロファイバー、不織布(ふしょくふ)、
ドイツ生まれのスポンジワイプなどがありますが、
やはり、私は天然繊維が好きです。

蚊帳生地のふきんのメーカーは、日本にはたくさんあって、
素材も、綿、麻、レーヨンなどいろいろあります。

デザインもたくさんあるので、使い方に合わせて、
お氣に入りの一枚を選べます。

台所のふきんは、毎日使う消耗品。
よく考えることもなく、100円ショップなどで済ませてしまう方も多いと思います。

しかし、毎日使うものほど、
私たちの五感に与える影響が大きいものです。

美しく、手触りがよく、機能的であれば、
毎日の家事も快適で楽しくなり
脳が喜び、感情が安定します。

五感に影響を与える頻度の高いものは、
是非、こだわりもって、一つ一つ
上質なものを取り入れていきたいですね。

美しい心、美しい空間、美しい人生が手に入る

無料動画レッスン&e-book「風水空間デザインの教科書」プレゼント中!

【下のバナーをクリック!】

The following two tabs change content below.
【住まいとは人生の美学】 株式会社ロンジェ 代表取締役 東道里璃 琉球風水師・風水空間プロデューサー 立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士 風水空間デザイン™️を実践的に学ぶオンラインスクール、ロンジェ風水アカデミー学長 風水空間デザイン™️は、宇宙の原理原則✖️脳科学で、理想の自分になれる空間を設計します。建築・インテリアのプロも認める風水です。 東京世田谷で生まれ育つ。高学歴・アナウンサーという職業で、表面的には幸せに見えた。しかし、家族の他界や、落馬して骨盤を骨折しうつ病になる。 幸せそうに見えて不幸な人生から、心の幸せを求めて風水に出会う。風水の実践から思考習慣が変わり、心の幸福度が上がることを体感する。 しかし、一般向け風水書籍の知識の寄せ集めによる新築住宅の設計は失敗する。大地震を機に東京から沖縄に移住。建築設計に通用する王朝時代の伝統風水術に出会い、琉球風水師になることを決意。 その風水術は、建築・インテリアの専門家に注目され、セミナー参加者は1000人を超える。沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流建築士とのコラボ設計は新聞の一面を飾り、住宅の専門紙で多数の風水コラムを執筆。 幸福感に満たされ理想の自分になれる「風水空間デザイン™️実践会」を主宰し、建築・インテリアの設計者を風水空間デザイナー®️へと育成。一人でも多くの人が美しく心地よい住まいで暮らすことができるよう、新築を控えた人たちや住宅業会の関係者が風水を実践して学ぶコミュニティを運営している。 ロンジェ®️の風水に興味をもたれた方は、まずは、無料WEBセミナーにご参加ください。