2019年5月1日。30年続いた平成の時代が終わり、今日、令和の時代を迎えました。

ゴールデンウィークが10連休となった特別な年ですが、この連休いかがお過ごしでしょうか。

私は、今日、新たに迎える令和の時代、どんな自分でありたいかをイメージして、クローゼットの中から、50着の服を手放しました。

同時に、カバンや、靴、文房具も、不要になったもの処分し、45Lのビニール袋、3袋になりました。

家の中のエネルギーが明らかに軽くなり、古いものを溜め込んでしまったエネルギーで、氣が滞っていたことを実感しました。

一気にこれだけのものを手放したのは、ある出来事による気づきからでした。

先日、ある人から、私自身の生き方を否定されるような言葉を、投げかけられました。私の価値観では変化、冒険、チャレンジ、自由といった価値観の優先順位が高く、安定という状況であったりとか、周りの人と同じであること、ということには魅力を感じません。

こういった価値観、考え方が、世の中ではマイノリティであることは十分承知しています。なかなか理解されずに、心ない言葉を投げかけられる事はよくあります。

そういった否定的な言葉自体は、もう慣れているので、大して氣にならないんですけども、そういう人に出会ってしまった時というのは、自分の在り方を見直すようにしています。

というのは、人でも、物でも、仕事でも、私自身のエネルギーが全てを引き寄せているので、自分がネガティブなエネルギーを受けた時は、私自身が同じような事を周りの人にしていないかどうかというのを、見つめ直す必要があるというサインだと考えているんです。

先日、その方の家に招かれたのですが、家の中があまり手入れされておらず、古いもの、不要なものが、雑然と置かれていました。エネルギーが滞っているというのを、感じたんですね。

やはり住環境というのは、その人の生き方や価値観が映し出されており、何年もかけてそのエネルギーが、空間に蓄積されていきます。エネルギーの停滞した環境で暮らしていると、他人に対して否定的な言葉を投げかけてしまったり、また自分の古い価値観を他人に押し付けるような事を、無意識にしてしまうのではないかという風に感じとりました。

それで、私自身も家の中でエネルギーが滞っているところがないか見直してみる必要があると考え、今日は、クローゼットを開けて、一つ一つの服に実際に手で触れながら、過去の自分の価値観によって選ばれた服を手放していきました。

以前の私は、実は、車や洋服、カバンなどの、華やかな高級品を、外側に使うことで、中身のない自分を隠していました。

しかし、「自分の人生を生きる」と決意をしてからは、周りの人の対応が大きく変わって、カジュアルな服を着ていても、ノーメイクでも、劣等感を感じる事はなくなってきました。

ここ10年近くの間、「内面を磨く」ということを、私なりに続けてきたことで、少しずつ自分に自信が持てるようになってきたんだと思います。

そして、中身のない自分を隠すために買い続けたいくつかの服を、今日、ようやく手放すことができたました。

今日は50着でしたが、あと20着くらい、手放してもいいかなという服があります。でも、とりあえず今日はここまで。

先月、服を2着買ったんですが、以前の私なら絶対に選ばないようような服を、選ぶようになりました。

平成時代を振り返って思うのは、自分の内面を隠すために服を主役にしてきた生き方でした。これからの令和の時代、どんな自分で有りたいか。それは、自分の内面の輝きを主役にして、服を着こなすことができる生き方をしていきたい思います。

やはり自分の所有しているものというのは、それを購入した時の自分の価値観だったり、想いが込められています。「新しく変化を起こしたい」という時は、古い価値観を捨てる必要があります。

変化を起こしたい、新しい自分に出会いたいという時は、古いものと決別し、未来のありたい自分のイメージに合ったものを取り入れて、住環境のエネルギーを意図的に入れ替えていくことが、とても重要だと思います。

新たに迎える令和の時代、どんな自分でありたいかイメージして、是非、住環境のエネルギーを整える時間もとってみては、いかがでしょうか。

空間と向かい合い、自分の所有しているものを見つめなおすことで、新たな氣づきがあるかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
【東日本大震災を機に東京から沖縄へ移り住み、琉球風水師・風水空間プロデューサーに】 沖縄で琉球風水を使い、建築・インテリア設計の仕事をしています。 しかし、最初から風水師だったわけではありません。私はもともと東京で、NHKテレビの朝のニュースなどに登場する交通情報のキャスターをしており、風水や占いには全く興味がありませんでした。建築・インテリアの資格を持っていたわけではありません。おまけに、新築の家づくりには、2度も失敗しています。 にもかかわらず、地震を機に沖縄へ移住し、琉球風水師に転身しました。それは、離島の集落で琉球風水との運命的な出会いがあったからです。実は、新築に失敗した理由の一つが風水であり、風水で家づくりに失敗した私が、沖縄で建築設計にも通用する琉球風水に出会い、人生が大きく変わりました。 新築を失敗した私が興味をもったのは、家づくりを成功させる風水でした。いつの間にかその風水術は、建築士やインテリアデザイナーといった専門家に注目されていきました。 新聞コラムの連載が始まると、沖縄県最大の住関連イベントや、沖縄県建築士会、沖縄県インテリアコーディネーター協会など、セミナー講師の依頼が次々に入ってきました。 気がつけば、琉球風水セミナーの参加者も1000人を超え、沖縄建築賞の最高賞を受賞歴をもつ一流の建築士さんとコラボレーションして設計。そして、琉球風水デザインによる、新築ホテルのインテリアコーディネートや、店舗の琉球風水設計施工もしています。 2020年より、琉球風水の建築・インテリア設計専門スクール、ロンジェ琉球風水アカデミー学長を務めています。心地よい氣の流れを描くことのできる建築・インテリアのスペシャリストのコミュニティを育成し、世界中の全空間を心地良くすることをミッションに仕事をしています。 ロンジェ琉球風水アカデミーは、動画講座とビデオ会議システムによるコーチングにより、全国、全世界に対応するオンラインスクールです。 期間限定で、建築・インテリアの実務に役立つ、無料の動画レッスンと3大特典をプレゼント中!受取はこちらかどうぞ https://longe.jp/lp/optinhp/